天海祐希&松重豊が娘役の新川優愛を絶賛「私たちよりしっかりしてると思う!」

映画
2021年11月01日
©映画「老後の資金がありません!」製作委員会

公開中の映画「老後の資金がありません!」の初日舞台あいさつが行われ、天海祐希、松重豊、新川優愛、草笛光子、前田哲監督が登壇した。

本作は2011年に刊行され、34万部を突破した垣谷美雨のベストセラー小説が原作。天海が演じる主婦・後藤篤子は、どこにでもいるごく普通の主婦。子育ても落ち着き、老後は安泰のはずだったが、親の葬式、子供の派手婚、夫の失職、セレブ姑との同居と、あらゆるお金の災難が立て続けに襲ってくる中、悩みもがき奮闘しながらも逆境に立ち向かう。監督は「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(18)の前田哲が務める。

まずは天海が「節約を頑張って家庭を成り立たせるために奮闘する主婦・篤子役を演じました。こうして初日を迎えられて本当に幸せです。楽しかった?」と会場に問いかけると、大きな拍手が。1年の公開延期を経ての映画公開に、会場全体がお祝いムードとなった。

続いて松重は「満員の皆様の前に立ててハッピーです。ダメ亭主役を演じました。今日も、映画の宣伝で番組に出演してきたんですが、女性陣からはひどい言われようで…男子会、後でしましょうね(笑)」と、場内の男性客に向かって冗談を交えあいさつ。

新川は「世界的に大変な中で、こうやって映画が公開される事が当然ではないのだと実感しました。うれしいですね」と喜び、草笛は「一生公開されないかと思って落ち込んじゃったんだけど…」と公開延期についての思いを吐露ながらも、公開初日を迎えられた万感の思いを語った。

クールなイメージの天海が、どこにでもいる普通の主婦役を演じた事でも話題の本作。一方、新川、松重、草笛は篤子を振り回す個性的なキャラクターを演じている。自身と役柄との共通点を聞かれると、天海は「楽観的な所は似ているかも。でも、篤子さんのように家庭のために奮闘して、大きな愛で家族を包むのは私には無理…。演じながら、篤子さんには幸せになってほしい!!と思っていました」と明かす。

これに対して、のほほんとした様子で篤子に家庭を任せっきりの夫・章役を演じた松重は「篤子さんみたいな人がいると、何とかなっちゃうんですよ!」と天海の大黒柱ぶりを絶賛した。

また「俳優を長くやっていると、役と自分自身の違いがよく分からくなってくるんです。撮影中は、本当に天海さんとの家庭を持ったような感覚もあって、非常に幸せな記憶が残っています」とエピソードを披露。天海は「実は篤子は何かあるたびに章さんを見ているんですよ。自分が前に出なくちゃいけなかったとしても、とても絆のある夫婦だったと思います」と、夫婦役を演じた二人ならではの信頼関係を見せていた。

そんな二人の娘・まゆみ役を演じた新川は「役とは似てないと思います(笑)。でも令和になった年の10月に撮影していたんですが、私自身の結婚発表も同じ年の8月にさせていただきました。私は、しっかりと準備をして結婚をお伝えしたので、まゆみの勇気とか勢いはすごいですよね」と、プライベートでの結婚発表と撮影を振り返った。

天海は「(新川さんは)私たちよりしっかりしてると思う! 積立増やすって言ってましたし、ねぇ?」と松重に問いかけ、松重も「今から老後の資金を考えてるんですよ、立派です」と本当の娘を自慢するかのように、太鼓判を押した。

草笛は「私は皆さんをかき回す役。そんな役はあまりやったことがなかったんだけど、羽をのばしてやらせていただきました。芳乃さんは、どんな洋服を着るかしら、という事も考えたりして。実は劇中、私の私物の帽子を被っていたりするんですよ」と撮影秘話を披露。すると前田監督が「芳乃さんは草笛さんそのものだと思っていたので、実は撮影で結構私物をお借りしていました」と続き、観客を驚かせた。

しかし草笛は、破天荒で周囲の人を巻き込む浪費家な姑・芳乃役を演じるにあたって、撮影前に前田監督から「そのままの草笛さんでお願いします。十分おかしいですから」と言われた事を根に持っている様子で「監督は私のことをおかしいって言うんですよ! ちょっとショックだったわ」とおちゃめにふてくされるひと幕も。監督は「おかしいには、“かわいい”も”すてき”も全て入ってるんですよ」と涼しい顔で言い訳するも、「うそばっかり!」と草笛から鋭いツッコミが入った。

イベント終盤には、本作の主題歌を担当する氷川きよしの楽曲「Happy!」にちなみ、「最近ハッピーだったことは?」という質問が。天海は「今日を迎えられた事ですね。1年の公開延期は本当に苦渋の決断だったと思います。私は映画を知ってもらうための1年間、と前向きにとらえてきたけど、世の中の皆さんの努力と忍耐のおかげで、こうして(劇場が)満席の光景を見ることができました。こんなハッピーなことがあるでしょうか? ねぇ??」と松重に語りかける。

松重も「そのとおり!」と力強くうなずき、さらに「実は孫が生まれたんですが…この状況なので会えてなかったんです。でも先日、ようやく会うことができました」とおめでたいニュースを報告した。

そして最後は、天海が「今日は足を運んでくださってありがとうございます。1年間、公開が延期になり、皆さんに見てもらえるこの日を心待ちにしていました。毎日、大変なこともあると思います。まだまだ、苦労している人も辛い思いをしている人も多いと思います。ぜひ、この映画を見て、きよし君の歌で、一時でもハッピーになってお家に帰ってくれればと思います。毎日が元気になるように、この映画を使ってください!」とあらためて初日を迎えた喜びを語り、イベントは幕を閉じた。

イベント概要

「老後の資金がありません!」初日舞台あいさつ
2021年10月31日(土)丸の内 TOEI①
登壇者:天海祐希、松重豊、新川優愛、草笛光子、前田哲監督

作品情報

映画「老後の資金がありません!」
2021年10月30日(土)より全国公開

公式サイト:https://rougo-noshikin.jp
公式Twitter:@rougo_noshikin
公式Facebook:http://facebook.com/rougonoshikin/

©映画「老後の資金がありません!」製作委員会

この記事の写真