天海祐希、主演映画「老後の資金がありません!」大ヒットに「本当に感無量です!」

映画
2021年11月11日

公開中の映画「老後の資金がありません!」の大ヒット御礼舞台あいさつが行われ、天海祐希、柴田理恵、佐々木健介、北斗晶が登壇した。

本作は2011年に刊行され、34万部を突破した垣谷美雨のベストセラー小説が原作。天海が演じる主婦・後藤篤子は、どこにでもいるごく普通の主婦。子育ても落ち着き、老後は安泰のはずだったが、親の葬式、子供の派手婚、夫の失職、セレブ姑との同居と、あらゆるお金の災難が立て続けに襲ってくる中、悩みもがき奮闘しながらも逆境に立ち向かう。監督は「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(18)の前田哲が務める。

コロナウイルス感染拡大防止の観点から1年もの長期間、公開を延期していた本作は、10月30日に公開されると、週末動員ランキング実写映画第1位に。さらに、11月10日(水)時点で動員50万人&興行収入6億円を突破し、最終興収10億円を見込める好スタートを切った。

まずは主演の天海が「すごくうれしいです。また元気な姿を皆様に見せることができた事、皆様の元気な姿を見られた事、本当に感無量です!」と大ヒットの喜びをコメント。作品を鑑賞したばかりの客席に向けて「映画はいかがでしたか?」と天海が問いかけると、会場からは大きな拍手が送られた。

本作で天海演じる篤子の娘・まゆみの結婚相手の両親役を演じた佐々木・北斗夫妻。佐々木は「僕たち家族は映画が好きなので見に行くことはよくあったけど、まさか出演できるなんて夢にも思ってなかった…今でも興奮しています!」と初めての映画出演を振り返る。北斗も「こういった舞台あいさつにも初めて参加させていただきました! 舞台に上がる際に『俳優の皆さんです!』と紹介していただけるじゃないですか。天海さんや柴田さんは当然ですが、私達は裏で違う、違うと話していました(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

そんな佐々木・北斗夫妻は劇中で、ギョーザのチェーン店を立ち上げる。二人の元には「ギョーザ売り出さないの? 食べたいんだけど」というまさかの反応が多いそうで、柴田は「やればいいじゃない! 料理うまいんだから!!」と便乗。これには北斗もノリノリで「スタッフさん! 私たちギョーザ売りますよ!」と宣言した。

劇中で親友役を演じた柴田と天海。柴田との共演について天海は「大先輩なんですけど、とてもオープンでフレンドリーな方。本当に友達のように現場で過ごさせていただきました」と明かす。

一方、柴田は「天海さん自身もそう! 以前、共演させていただいた後にプライベートで舞台を見に行った際、現地で天海さんにもお会いできたんです。天海さ~ん、先日はありがとうございました! ってお声がけしたらお呼ばれして。何かな~と近づいていったら『飴あげる!』って!飴いただいちゃいました(笑)」と意外なエピソードを披露した。

天海も、恥ずかしそうに当時を思い出して笑顔を見せながら「柴田さんは富山ご出身ですが、私の祖父母も富山で。あそこあそこ! って懐かしいお話で盛り上がったりもしましたよね」と、劇中さながらの仲の良さを見せた。

本作では、毒蝮三太夫や三谷幸喜もそろい、草笛光子が男装を披露するシーンも見どころの一つ。完成した映画を見て、北斗は「あのきれいな草笛さんがこんなことまで!?」と草笛の男装姿に驚いたそうで、佐々木も「どこまでがせりふでどこからがアドリブなのか分からないんです(笑)」と同じ出演者ながら名シーンを楽しんだ様子。

さらに柴田が「(草笛の)歯が取れちゃったのは本当なのよ!」と割って入ると、天海も「そうそう! コンタクトを探すみたいに、歯が…歯が…ってみんなで探したんだから!」と爆笑エピソードを披露し、会場は大きな笑いに包まれた。

天海、柴田、佐々木、北斗の4人全員が共演した生前葬でみんなで歌い踊るシーンを思い出した柴田は「あのシーンはすごく練習したよね!!」とまるで学生時代の思い出を語るかのように振り返る。このシーンについて天海は「日光が陰ってきちゃうから影との戦いだったんですけど、草笛さんは歌うことに集中されていたから、(草笛の)お顔がかげらないように誘導したりして。とても思い出に残る1シーンになりました(笑)」と、主演でありながら撮影アシスタントまでこなしていた撮影秘話が飛び出した。

佐々木・北斗夫妻は本作の撮影中に結婚25周年を迎えたということで、会場からはあらためてお祝いの拍手が送られた。北斗は「映画初出演というすごい思い出ができました。しかも、映画初出演というだけでなくて、歌のシーンの練習のためにカラオケBOXに初めて行ったんです!」と映画出演以外にカラオケデビューを果たしたそう。

「夫婦二人でこういう楽しみもあるんだなと思いました」という北斗はさらに、映画がきっかけで老後の事を考え始めたと言い「エンディングノートを用意しました!」と驚きの事実を告白。柴田から「早すぎない!?」とツッコミが入った。

柴田は「私も、夫婦で映画を見に行ってから、こんな事もあるね、こういうのもいいよね、と素直にいろいろな話ができました。夫婦で見に行くのもいいと思います」と映画をアピール。

天海も「どんな年代の方にも楽しんでいただける作品です。友達や夫婦や両親と、いろいろなお話ができると思うので、ぜひこの映画をそのきっかけに使ってください。映画を見て、(氷川)きよし君の歌を聞いて、Happyになってくれたらうれしいです。ぜひよろしくお願いします!」と呼びかけた。

作品情報

映画「老後の資金がありません!」
公開中

公式サイト:https://rougo-noshikin.jp
公式Twitter:@rougo_noshikin
公式Facebook:http://facebook.com/rougonoshikin/

©映画「老後の資金がありません!」製作委員会

この記事の写真