Creepy NutsがNetflix映画「浅草キッド」に出演決定!“師匠”とルーツを語る動画公開

映画
2021年11月29日
左から)DJ松永、R-指定

12月9日(木)から全世界独占配信されるNetflix映画「浅草キッド」に、Creepy Nutsの出演が発表。彼らにとっての“師匠”とルーツを語るインタビュー動画&場面写真も公開された。

芸人としてだけではなく、俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、映画監督・北野武としては“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに日本を代表する“唯一無二の天才”ビートたけし。

本作「浅草キッド」はそんな彼の原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いた物語。たけしを敬愛してやまない劇団ひとりが、監督・脚本を務める。その初監督作品「青天の霹靂」に続いて2度目のタッグとなる大泉洋と、柳楽優弥を主演に迎えて贈る、笑いと涙にあふれる青春映画だ。

物語の舞台は、昭和40年代の浅草。大学を中退したタケシ(柳楽)は、“お笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた深見千三郎(大泉)に弟子入りする。

お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼなかったことから“幻の浅草芸人”と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能にあふれる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描く。

そんな本作に、Creepy Nutsのカメオ出演が決定。Netflixでも配信中のバラエティ番組『任意同行願えますか?』では、本作のメガホンをとった劇団ひとり監督とDJ松永が共演しているなど、縁も深い。作中では、町工場の作業着に身を包み大泉洋と共演する、いつもと一味違う彼らの姿を見ることができる。

左から)DJ松永、大泉洋

また、現場で撮影したインタビュー映像では、深見とタケシの「師弟愛」が描かれる本作にちなみ、Creepy Nutsが自身の師匠について語っている。DJ松永は「(師匠は)DJ COMAという2006年のDJ世界チャンピオンで、魚沼市でコシヒカリを作っている人なんです」と。

「俺が到底習得できない、“神々のなせる技”と思っていたものをできる人が目の前にいると、不思議とできる気がしてくるんです。だからCOMAくんがいなかったらここまで来ていないし、今の全てがないと思います」と尊敬の念を込めて語った。

R-指定

R-指定は「僕はラップに関しては独学で、自分でいろんな人のラップを聴いて研究したんですけど、中でも、僕も松永さんもすごい尊敬しているのはRHYMESTERの宇多丸さんです」と。

その理由について「(宇多丸さんは)ラッパーだけど、いろんな仕事もどんどんしていく。他のフィールドの人とラップ以外の部分でもちゃんと張り合えるし、ラップもヒップホップの中でも飛び抜けて張り合える」と述べる。

さらに「宇多丸さんの活動がなかったら、Creepy Nutsでラジオやったりしないだろうし。それこそ映画に出させていただくこともないのかなっていう…」と、活躍の幅を広げている彼らのルーツのひとつが宇多丸であることを明かした。

動画

Creepy Nuts インタビュー映像

作品情報

Netflix映画「浅草キッド」
2021年12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信

原作:ビートたけし「浅草キッド」
監督・脚本:劇団ひとり

出演:大泉洋、柳楽優弥
門脇麦、土屋伸之、中島歩、古澤裕介、小牧那凪、大島蓉子
尾上寛之、風間杜夫、鈴木保奈美

主題歌:桑田佳祐「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/浅草キッド

この記事の写真