lynch.葉月が初のソロアルバムよりリードトラック「PHOENIX」のMVを公開 | TV LIFE web

lynch.葉月が初のソロアルバムよりリードトラック「PHOENIX」のMVを公開

音楽
2020年08月18日

5人組ロックバンド・lynch.のヴォーカル葉月が、2020年9月16日(水)に自身初のソロアルバム『葬艶-FUNERAL-』をリリースする。この度、同作品のリードトラック「PHOENIX」のミュージックビデオが、自身のYouTubeチャンネルにて公開された。

同楽曲は、葉月がヴォーカルを務めるlynch.が2014年4月9日にリリースしたアルバム『GALLOWS』に収録された楽曲のセルフカバー。ラウドで疾走感のある同楽曲に、オーケストラを前面に出したクラシックなアレンジが大胆に施されている。

本MVは、lynch.の「JØKER」や「ETERNITY」も手掛けた大喜多正毅が監督を務めた。静謐なモノクロームの色調の中、オーケストラを従え歌唱する葉月の姿が、楽曲終盤の盛り上がりに呼応して燃え盛る炎の灯によって、印象的に浮かび上がっていくという映像に仕上がっている。

また、ミュージックビデオの公開に合わせ、葉月からのコメントも到着。アルバムの完成度の高さを期待させるコメントが寄せられた。全文は、以下を参照。

なお、lynch.は9月10日(木)と9月11日(金)の2日間にわたり、バンドにとって初となる無観客有料生配信ライブ「LIVE’20『DECIDE THE CASE』CASE OF 2013-2020」と「LIVE’20『DECIDE THE CASE』CASE OF 2004-2012」を開催することが決定している。

<動画>

葉月/HAZUKI – PHOENIX (OFFICIAL VIDEO)

<葉月 コメント>

“使用する楽器に制限がない”ということ。

それは、20年間ロックバンドだけをやってきた僕にとって、恐怖にも近いような、未知の興奮でした。

バンドというものは、メンバーが、人間が、パートが制限されている事が美しいのだと、僕は思っています。

このソロプロジェクトはその真逆。
一切の制限がない、無限に広がる自由。

僕はその大海に飛び込みました。
自由の海で、溺れているのか、はたまた優雅に泳いでいるのか?

どうかその耳で、確かめて下さい。

<リリース情報>

『葬艶-FUNERAL-』
2020年9月16日(水)発売

数量限定豪華版(CD+Blu-ray):10,000円+税
通常盤(CD only):3,000円+税

<lynch. ライブ情報>
LIVE’20「DECIDE THE CASE」CASE OF 2013-2020(無観客生配信ライブ)
2020年9月10日(木)

LIVE’20「DECIDE THE CASE」CASE OF 2004-2012(無観客生配信ライブ)
2020年9月11日(金)

※ともに詳細は後日発表。

<WEB>
lynch. 公式サイト:http://pc.lynch.jp/
lynch. 公式Twitter:https://twitter.com/lynch_staff