TVアニメ『池袋ウエストゲートパーク』OP主題歌はTHE PINBALLS「ニードルノット」 | TV LIFE web

TVアニメ『池袋ウエストゲートパーク』OP主題歌はTHE PINBALLS「ニードルノット」

音楽
2020年09月04日

4人組ロックバンドTHE PINBALLSの新曲「ニードルノット」が、TVアニメ『池袋ウエストゲートパーク』オープニング主題歌に決定した。

石田衣良による原作『池袋ウエストゲートパーク』は文藝春秋より刊行中の人気シリーズ小説で、池袋を舞台に躍動する少年少女たちを描いた青春ミステリー。過去に監督:堤幸彦、脚本:宮藤官九郎、主演:長瀬智也でTVドラマ『池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)』としても公開され、大きな話題を呼んだ作品だ。今回が初のアニメ化となり、10月6日(火)よりTOKYO MXほかで放送開始する。

オープニング主題歌に決定した「ニードルノット」は、ガレージともロックンロールとも形容しがたい独自のサウンドを奏でるTHE PINBALLSならではの楽曲で、冒頭からIWGPの世界に引き込まれるクールなナンバーとなっている。本日公開されたアニメPV第2弾でも、本楽曲の一部を聞くことが可能だ。

また、今回の発表に際して、THE PINBALLSの古川貴之(Vo.)は「衝動的なエネルギーと本能で作った歌です。今この時代に新しく生まれ変わろうとしているIWGPの世界と関われた事を光栄に思います」と語っている。コメント全文は、以下を参照。

THE PINBALLS 古川貴之(Vo.)コメント

ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』が放映されていた時、俺は高校生でした。
仲間達がこの作品に熱狂していた事を思い出します。
みんな悪そうなもの、華やかなもの、カッコいいものをとにかく探していた。
みんな背伸びしたり、めちゃくちゃをやったりしていた。
それはまさに20世紀が終わろうとしている時でした。誰もが、よくわからない強いエネルギーに突き動かされていたような気がします。
ニードルノットは、そんな、よくわからないエネルギーのイメージを言語化した造語です。
俺にもニードルノットが一体なんなのか、実はよくわからない。
けれど針の結び目をたどってゆけば、ガレキの塔に辿り着ける。
衝動的なエネルギーと本能で作った歌です。
今この時代に新しく生まれ変わろうとしているIWGPの世界と関われた事を光栄に思います。

<動画>

【IWGP】TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」PV第2弾

<番組情報>

TVアニメ『池袋ウエストゲートパーク』
2020年10月6日よりTOKYO MXほかにて放送開始

【放送情報】
AT-X:10月6日(火) 後9・00〜(リピート放送:毎週木曜 後1・00〜/毎週土曜 深5・00〜)
TOKYO MX:10月6日(火) 深0・30〜
サンテレビ:10月7日(水) 深0・30〜
KBS京都:10月7日(水) 深1・35〜
BS11:10月7日(水) 深0・00〜

【配信情報】
Amazon Prime Videoにて地上波先行・見放題独占配信
10月6日(火) 深0・15〜

TVアニメ公式サイト:https://iwgp-anime.com

<WEB>
THE PINBALLS 公式サイト:http://thepinballs.org/
THE PINBALLS 公式Twitter:https://twitter.com/PINS_official

©石田衣良/文藝春秋/IWGP製作委員会