【紅白リハ】乃木坂46・秋元真夏「歌の力でメッセージを」齋藤飛鳥「団結した1年に」 | TV LIFE web

【紅白リハ】乃木坂46・秋元真夏「歌の力でメッセージを」齋藤飛鳥「団結した1年に」

音楽
2020年12月29日

大みそか放送の『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)のリハーサルが12月29日に行われ、乃木坂46のコメントが到着した。

今回で6回目の出場となる乃木坂46。小室哲哉が作曲を手掛け、7月に配信限定シングルとしてリリースした「Route 246」を披露する。

秋元真夏は「お客さんが入らなかったり、人との距離を取らなければならない1年だったからこそ、歌の力でメッセージを伝えるというのが『紅白』での目標です。しっかり伝えつつ、パワフルに笑顔を届けられたらと思います」と当日に向けて意気込みを。

齋藤飛鳥も「ソーシャルディスタンスでメンバーの近くにいられず寂しかったですが、体が離れているぶん心がつながった、団結した1年になりました」とこの2020年を振り返る。

続けて、今回のパフォーマンスについて「これまで『紅白』で披露してきたのは落ち着いた曲調が多かったのですが、今年は小室哲哉さんに作曲していただいた激しめな曲で参加します。大みそかにどんな乃木坂が見られるのか、私たち自身も楽しみです」と思いを語った。

番組情報

『第71回NHK紅白歌合戦』
NHK総合ほか
2020年12月31日(木)後7・30〜11・45

NHKプラス:https://plus.nhk.jp/
※放送中から放送後7日間、パソコン・スマホでも視聴可能

WEB

番組HP:http://nhk.jp/kouhaku

この記事の写真

©NHK