つばきファクトリー・新沼希空×岸本ゆめの×浅倉樹々インタビュー!『新世紀ミュージック』 | TV LIFE web

つばきファクトリー・新沼希空×岸本ゆめの×浅倉樹々インタビュー!『新世紀ミュージック』

特集・インタビュー
2020年02月01日

ハマ・オカモトさん(OKAMOTO’S)と松岡茉優さんがMCを務める『新世紀ミュージック』(BSスカパー!)の2月3日(月)放送回に、つばきファクトリーが登場。収録を終えて、ハロー!プロジェクトが大好きだという松岡さんとのトークの感想や、新曲「抱きしめられてみたい」について、メンバーの新沼希空さん、岸本ゆめのさん、浅倉樹々さんの3人にインタビュー。

つばきファクトリー・新沼希空×岸本ゆめの×浅倉樹々インタビュー!

◆収録を終えての感想を教えてください

新沼:緊張していたんですが、普段テレビで見ている松岡さんとお話しできたのがすごくうれしかったです。今まで思い出に残ったライブの話も掘り下げてお話してくださり、私たち以上につばきファクトリーのことを知っていて、広めようとしてくださっている感じがすごくうれしくて。とても楽しい一日でした。

岸本:私は、うれしさが8割、残りの2割は悔しい気持ちがあって…。スタジオにネタ帳を持参してたんですが、『新世紀ミュージック』の“ミュージック”を意識しすぎて、ここに自分の持ちネタを入れるべきではないと、登場させないまま終わっちゃったんです。その後悔が残ってます(笑)。

浅倉:松岡さんに「樹々ちゃんは怖いイメージがある」って言われたのがすごく新鮮でした。同時に、本当に細かいところまで見てくださっているんだなと感じて、うれしかったです。この番組を見て、「抱きしめられてみたい」の最後の私のパートを通して、私の性格とか人柄を感じてもらえたらうれしいです。

◆岸本さん、どんなネタを披露しようと思ったんですか?

岸本:最近いいギャグが出来たところだったんです。でも、文字で伝わるやつじゃないんですよね…。かっこ書きしてもらえますか?

(岸本さん、ネタ帳を使ってギャグを披露)
『これが私のネタ帳なんですけど、(ネタ帳をめくりながら)あれ、ネタが…、釣れたー!(ネタ帳に魚の絵)』

浅倉:これ、めちゃめちゃ面白いんですよ! 珍しく笑いました(笑)。

岸本:このネタは1年ぶりくらいにメンバーも笑ってくれたネタです(笑)。

浅倉:きしもん(岸本)のネタは独特で、見終わった後に何秒か考えちゃうんですよ。でも、今のネタはどストレートで、みんなすぐに笑っちゃいました(笑)。

岸本:いつもは何か掛けちゃうんですよ。なので、考えないと理解できないギャグが多いみたいで(笑)。ツッコんでもらえるとうまくオチると思うんですけど、つばきファクトリーの中で私が一番のツッコミ役で、他にツッコミ役がいないんです。だから、メンバーといる時にギャグをしちゃダメだということに最近気づきました。私は、考えてボケるタイプの関西人なので、何も考えずに発言する“天然もの”には勝てないんです(笑)。

◆収録の話に戻りましょうか(笑)。番組内で歌詞の解釈の話が出ていましたが、皆さんはどのように解釈してレコーディングに臨まれましたか?

新沼:私は、最後のパートで、そこまで考えていた歌詞の意味が変わって、もう一度考え直したんです。二番の「開かない自動ドア」という歌詞は、向こうに他の女の子がいたからなんじゃないかなっていう考えになりました。だから1曲通して考えた時に、すごく怖くて、ドロドロした曲だなと思いました。

岸本:正直、レコーディングしている時は、切ない女の子の気持ちをなぞるつもりで歌っていたんです。でも、最後の歌詞のどんでん返しがくる。だから、その最後の歌詞前までは、ただ切なさを出すことで、切なさと怖さ、どっちも引き立つようにしました。

浅倉:主人公の女の子が常に彼を思っていて、こっちを向いてほしいのに向いてくれないという嫉妬だったり、一人でいる時の孤独感を思い浮かべながら歌いました。最後に違う子が出てきて、そこに至るまでの主人公の女の子の沸々した思いを最後のラストサビぐらいから感じて、最後に爆発させるような流れが結構怖いなって思いますね。サビのところは、体だけじゃなくて、心まで抱きしめてほしいなって思っていると思うので、そういうところに声で感情を乗せるようにしています。

◆最後のパートは、どんな気持ちで歌っているんですか?

浅倉:冷静に怒っているって感じですかね。気持ちの中では爆発しているんですけど、顔にはあまり出さず…。その思いを声に乗せています。

◆番組中には、作詞家の児玉雨子さんと、作曲家の大橋莉子さんからビデオメッセージも届きましたね。

新沼:毎回曲を頂いた時に、こういう思いで書いたというライナーノーツみたいなものは頂くことはありましたが、制作の裏側を聞くことができなかったんです。私たちのため、番組のためにお2人が集まってお話をしてくださったんだなと思うと、すごくうれしいですし、お話を聞けて良かったです。

岸本:これまでごあいさつ程度しかお話したことがなかったのですが、つばきファクトリーを「埼玉寄りの私立の女子校」って例えてくださったり、曲だけじゃなくて、つばきを普段から考えてくださっているんだなって思えて愛を感じました。

浅倉:私たちと年齢はそれほど変わらないのに、感じ方や、それを言葉にするのが本当にうまいなって。表現することに対して自分たちはまだまだ薄いなって気づきましたし、お2人の熱い思いや世界観についていけるように、もっともっと表現を学ばないといけないなと思いました。

岸本:樹々ちゃんが「埼玉寄りの私立の女子校」が歌詞に出てきそうと思ったのは、ハロー!プロジェクトだからだと思うんですよ(笑)。普通に考えたら、歌詞に出てきそうって思わない単語なんですけど、ハロー!プロジェクトは、「そこ歌っちゃうの!?」みたいな面白い歌詞が出てくる楽曲が多いので、ハロー!プロジェクトにいる浅倉樹々ちゃんだからこそ出た言葉ですよね。

◆最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

浅倉:私たちを知ってくださっている方はもちろん、知らない方にも、松岡さんが分かりやすく丁寧につばきファクトリーを説明してくださっています。この番組を通してつばきファクトリーを知っていただけたらうれしいです。新曲の「抱きしめられてみたい」、そして「低温火傷」は、いろいろな世代の方に共感してもらえると思うので、ぜひ聴いてください。

■PROFILE

つばきファクトリー

新沼希空
●にいぬま・きそら…1999年10月20日生まれ。愛知県出身。O型。

岸本ゆめの
●きしもと・ゆめの…2000年4月1日生まれ。大阪府出身。B型。

浅倉樹々
●あさくら・きき…2000年9月3日生まれ。千葉県出身。AB型。

■番組情報

『新世紀ミュージック』
BSスカパー!
2月3日(月)後10・00~
※隔週月曜日放送