『MIU404』綾野剛&星野源インタビュー!「再開できたことに感謝」 | TV LIFE web

『MIU404』綾野剛&星野源インタビュー!「再開できたことに感謝」

特集・インタビュー
2020年06月26日

『MIU404』

綾野剛星野源が、事件の初動捜査を担当する機動捜査隊のバディを演じる『MIU404』が本日スタート。主演の2人に撮影中断期間を経て満を持してスタートする今作への思いから、『コウノドリ』シリーズから育んだ2人の関係性、作品の魅力までたっぷり聞きました。

中止の可能性もゼロではなかった 再開できたことに「感謝」のひと言(綾野)

撮影中止になった日、帰りの車の中で剛君と電話したよね(星野)

◆2月にクランクインした今作。約2か月ぶりに再始動した今の率直なお気持ちをお聞かせください。

綾野:まずは撮影を再開できたこと、今日まで撮ってきたものをちゃんと皆さんにお届けできることに対して、本当に「感謝」のひと言です。撮影現場も、みんなで対策をしっかり練りながら最高のパフォーマンスができるようにと意識がすごく高まっているし、熱量もすごく高い。当初番組自体が中止になる可能性もゼロではなかった。それでもこうして再開できたことを感謝と共に、より新しい僕たちが今できる最高のパフォーマンスを皆さんに届けるという気持ちでいっぱいです。

星野:とにかくうれしいです。実は自粛前に2話分出来ていて、それを家でじっとしている時に客観的に見られたことがすごく良かった。いかにこの作品が今までにない刑事ドラマになっているか、見ている人たちが楽しみながら、自分たちの生活や社会について考えるきっかけになりうる作品だということを感じられたので。あと、撮影中止になった日の帰りの車の中で剛君と、お互いに違う車ですけど、電話したよね。

綾野:うんうん。

星野:その時に、正直な気持ちを話せたっていうのもすごくよかったなと。まずはこの事態をおさめることが一番大事で、けどやっぱり悔しいよねっていう。2か月ぐらい頑張ってきたものが、あの時は本当に終わる可能性があったんで。僕はそもそも3月末時点で撮影してること自体も正直つらくて。もちろん感染症対策はしてたけど、感染者がどんどん増えてく中で、これはやっていていいものだろうかっていうのを悩みながら毎日現場に行っていました。でも僕はエンターテインメントは人間にとって必要だと思うから毎日撮影に行くんですけど、でもその中で、どうしようもない思いっていうんですかね。やりたい。でも今はやってはいけない。なんかそういうきれいごとではない思いみたいなものを、剛君だけではなくスタッフのみんなとも共有した状態で自粛期間に入れた気がします。

◆撮影中断中にキャストの方々やスタッフの方々とどんな話をしましたか。

綾野:源ちゃんとも連絡を取らせていただいて。お互い新しい台本について。

星野:うん。

綾野:時間が生まれたことで野木(亜紀子)さんも、より容赦のない台本を書いてくださって、それを「読んだ?」っていう話を。「すごいことになってるね」ってことや、1、2話の出来上がったものを見て、「自信を持って出していきたいね」って言うことも話して。俳優部、スタッフの皆さんとも連絡を取り合いながら、コロナに対する対策も話し合いながらでした。あとは緊急事態宣言の前、3月の末に撮影を中断し、2か月以上撮影が止まっていたので、今僕が着ているこのGジャンの衣装とかも、まあまあ暑いんですよ(笑)。なので、この作品の持つ気候、ムードを守りながらやや9月あたりを意識して新しい衣装の展開、みたいなこともスタッフと話しました。だから『MIU404』が再開しないというイメージは僕には全くなかった。誰か1人がポジティブになれば、それは必ず広がっていく。立ち向かう体力をどんどん消耗していく中で、ちゃんとその体力を身に付けながらっていうのは、まず精神からだなと思って。そういう意味ではすごく源ちゃんにも助けてもらいましたし、スタッフのみんなにも助けてもらいました。

星野:今は皆さん、いろんなことが動きだしてそっちに集中しているころだと思うんですが、3月末と4月頭のあの空気っていうのは本当に絶望的なものだったと思うんですよね。その頃一番大事に思っていたのは、「命が一番大切」「これ以上コロナを広げない」こと。監督とも電話で励まし合いながら、頑張ってこの時期を乗り越えて、できる時になったら全力で撮影しようねってしていた記憶があります。

  1. 1
  2. 2
  3. 3