古川雄大インタビュー「奇抜さの裏に弱い部分や葛藤があるのが御手洗の魅力」『エール』 | TV LIFE web

古川雄大インタビュー「奇抜さの裏に弱い部分や葛藤があるのが御手洗の魅力」『エール』

特集・インタビュー
2020年07月19日

古川雄大

連続テレビ小説『エール』で、二階堂ふみ演じる音の豊橋時代の“ミュージックティーチャー”御手洗を演じている古川雄大さん。7月20日(月)からの第4週再放送では、副音声も担当する古川さんに、初の“朝ドラ”出演の感想や、山崎育三郎演じる“プリンス”佐藤久志とのライバル対決の裏話も聞きました。

奇抜さの裏に、弱い部分や葛藤があるところが御手洗の魅力

◆初の“朝ドラ”出演で、過去のトラウマから「先生」と呼ばれることを嫌う個性的な声楽講師・御手洗という役柄を演じた古川さん。あらためて出演の感想を教えてください。

御手洗という面白く個性的な役をいただけたことは本当に幸せです。反響もたくさんあり、やっぱりたくさんの方にご覧いただけているんだなと、あらためて感じました。御手洗はせりふにも奇抜な部分があったりしたので、どこまでやっていいのかという不安があって。でも監督には取りあえずその時の自分が思った120%で一度見ていただいて、そこから話し合いながら調整していく時間があったのが良かったなと思います。役作りに関しても、自分でボイスメモでせりふを録音したものを何回も録ってみたり、ピアノや歌のこともサポートを徹底してやってくださって。周りの環境がしっかり整っている分、御手洗という役により近づけたと思います。

古川雄大

◆あらためて、御手洗の魅力はどんなところでしょうか。

奇抜で個性的、分かりやすく目を引くキャラクターですが、その裏に弱い部分や葛藤がしっかりとあるところでしょうか。裕一さん(窪田正孝)の音楽の才能を人助けに使ってほしい、自分のような人を助けてほしいという願いも持っていますし、音さん(二階堂ふみ)とはお互いの実力を認めながら、師弟関係というより友達感覚の方が強く映る“同志”というか。そういったそれぞれとの関係性もしっかりと描かれているから、愛されるキャラクターに仕上がったんだと思います。

  1. 1
  2. 2