本仮屋ユイカ「すっごく元気になれるドラマです」『片恋グルメ日記』10・12スタート! | TV LIFE web

本仮屋ユイカ「すっごく元気になれるドラマです」『片恋グルメ日記』10・12スタート!

特集・インタビュー
2020年10月12日

本仮屋ユイカ

TOKYO MXの新ドラマ枠「ドラマニア!」の第1弾作品となる『片恋グルメ日記』が10月12日(月)からスタート。片想いする男性の食べたものと同じメニューを食べ、妄想しながら“食事ストーキング”をしていくという異色のラブコメディの主人公・所まどか<通称:コロ>を演じた本仮屋ユイカさんにインタビュー!

◆本作はアキヤマ香さんの同名コミックのドラマ化となりますが、原作を読んだときの印象を教えてください。

最初に読んだとき、すっごく元気になったんです。主人公が恋焦がれる人との恋模様はもちろん、彼女が勇気を出して変われたことにすごく感動して、めちゃくちゃ元気をもらって。
私、この主人公を演じられるんだ、すごい幸せだなと思いました。

◆演じるコロは本仮屋さんと同年代ですが、どんなキャラクターと捉えましたか?

幼いのかなという印象を持ちました。
仕事はきっとプロフェッショナルだと思うんですけど、恋愛に関して言えば“初恋”というイメージで。33歳の女性というよりは、何もかもが初めてな少女なのに頭でっかちな30代のイメージで演じました。

本仮屋ユイカ

◆これまでも『そこをなんとか』『マイラブ・マイベイカー』など漫画を原作したドラマに出演されていますが、演じる上での違いはありますか?

作品によるんですけど、ものすごくシビアに原作を読み込んで挑む作品もあれば、そうじゃない作品もあって。でも、最初に読んだときの、漫画だからこそ持っているスピード感とか軽やかさというのを、どうやったら実写の私が表現できるかなっていうのはいつも考えます。
今回はコメディですが、コメディだから面白おかしくしようっていう気持ちは全然なくて、至って真面目にやってはいるんですけど、その様を笑っていただけたら…(笑)。ただ、消費カロリーがすごく多いなとは思います(笑)。

◆第1話を拝見して、その感じは分かりました(笑)。でもその分、こういうご時世に心が軽くなる、笑顔になれるシーンが満載でした。

えー!うれしい!いろんなことがある中で、皆さんそれぞれが踏ん張っている時期だと思うんです。こういうときだからこそ、何にも考えなくてよくて、ただただ幸福感があるドラマって役に立てるんじゃないかなってすごく思いました。
私自身も、台本を読んでいてもとっても楽しかったので、そういう“楽しい”とか“うれしい”とか、ウキウキするような軽やかな幸せな気持ちが画面いっぱいに映っていると思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3