土村芳「人の温もりが感じられるすてきな物語です。ご覧になる方の心に、何か一つでも残せたら」ドラマ『ライオンのおやつ』

特集・インタビュー
2021年06月27日

◆人と出会い、会話をすることで自分の中に変化が生まれるというのは、この作品のテーマと通ずるところがありますね。

そうですね。雫もきっと、まさかホスピスでこんなに多くの方と心を通わせることになるとは想像していなかったと思います。その意味でも、私が現場で経験すること、感じることとリンクさせながら、精いっぱい雫を演じさせていただけたらなと思っています。

◆また、今作はホスピスを題材にしたドラマであり、死やそこへ向き合う人々を描きつつ、希望や前向きさもある物語だなと感じました。

そこもこの作品の魅力の一つだなと思います。「ライオンの家」の居住者は、明確な日は分からないにしても、死というものを普通の人よりも常に身近に感じている。そうした中で、“いつ人生が終わるか分からない”ということに向き合うのは、とてつもなくエネルギーのいることだと思います。でも、諦めであったり、負の感情ばかりではないんだということも、この作品では繊細に描いているんです。また、居住者たちはそれぞれの事情を抱えて死と向き合っていて、一人ひとりにフォーカスを当てても一本のドラマが作れるほどのストーリーが背景にある。そうした皆さんが醸し出す、人間としての深みや厚み、そして温かい空気も一緒に感じていただけたらうれしいです。

◆現在撮影中とのことですが、これまでで印象的だったシーンはありますか?

序盤で言えば、雫が初めて「ライオンの家」で同じ居住者の死に直面するシーンです。本当につらい描写ではあるのですが、ドラマの中で絶対に描かないといけないエピソードでもあって。雫にとってはそこで、あらためて死というものを突き付けられるわけですが、彼女がそこからどう成長していくのかという意味でも、とても大事なシーンになっています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5