I Don’t Like Mondays.インタビュー「僕たちっぽさを出すには楽曲がきれいになりすぎないように汚すこと」

特集・インタビュー
2021年08月24日

先日4thフルアルバム「Black Humor」をリリースしたI Don’t Like Mondays.。本作には201911月からの配信シングル曲に加え、新譜5曲を含む全17曲を収録。チルタイムにぴったりのキャッチーなメロディーラインとセクシーなサウンドが人気の“アイドラ”に本作の制作経緯をたっぷりと語ってもらいました。

◆まず、本作の制作経緯から教えてください。

YU:本来は昨年夏ごろのリリースを考えていたんですが、環境の変化から見送っていました。その間に、コロナ禍という特殊な環境下で“僕らって本当はどういうことをやりたかったんだろう”とか、“音楽を通じて何がやりたいんだろう”などと考え直すことが多くなって。今回リリースできることが決まった時に、特殊なマインドになってから作った曲を届けたい思い、今まで考えていたものから一新して「新しい自分たちとは何か」というところをより出した作品にしていきたいと思ったんです。これまでのアルバム三枚から、曲の書き方自体を変えていますし、歌詞もより日本語の重心が大きくなっています。

◆全体的な印象として、聴き手に寄り添ってくれるような、どこか近しくなったような雰囲気を感じました。

KENJI:コロナ禍になって、曲の聴き方に変化があった方も多いはずなんですよね。本作は家でじっくり音楽を聴く楽しみを見いだしたリスナーに向けた面が大きいです。

YU:僕らとしては、ライブの機会がなくなったという影響が大きかったです。今まではライブでどう聴かせるかとか、一緒に盛り上がってもらうにはどうすればいいのかということを考えて作っていましたが、物理的に機会がなくなってしまったので。イヤホンで聴くこと、家で聴けてホッと心の中に入ってくるような曲というものを意識しましたね。

◆チルな曲も増えましたよね。

CHOJI:確かに、そうですね。

YU:家の中でブチ上がるのもね、ちょっと難しいでしょうし(笑)。どちらかと言うと、心地よいサウンド作りを意識していると思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5