岡村明美と石田彰の“最強師弟”が大活躍!「けちょんけちょんにやられた魔族がどんな巻き返しを図ってくるのか楽しみ」『平穏世代の韋駄天達』

特集・インタビュー
2021年09月09日

現在「ヤングアニマル」にて連載中の同名人気コミックをアニメ化した『平穏世代の韋駄天達』。人間たちをやや置いてけぼりにしつつ、韋駄天と呼ばれる神々と魔族たちの戦いを描いたこの作品も、いよいよクライマックス。そこで今回は韋駄天チーム“最強の師弟”であるリン役の岡村明美さんとプロンテア役の石田彰さんにご登場いただき、これまでの展開を振り返りつつ、ラストに向けての見どころをたっぷりと語ってもらいました。

 

◆第一話からインパクトのある展開や描写に驚きっぱなしです。お2人が最初にこの作品に触れた時はどのような印象を受けましたか?

石田:かなり倫理的に責められそうな番組だなと思いました。でも、それが深夜枠で放送するアニメのアドバンテージなのかなとも思いましたね。もちろん、そればかりを目指してしまうのも、またちょっと違うんですが(笑)。

岡村:最初にタイトルを見た時、私はマラソンの話だと思ったんです。

石田:あ〜、確かにね。

岡村:それにタイトルロゴに足の絵もありましたし。それで、“絶対に走るやつだ!” “陸上関係の話だ”と思って蓋をあけてみたら、エロいしグロいしで、びっくりしちゃって。攻めてるなぁって思いました(笑)。

石田:でもこうした、多少毒を孕んでる作品のほうがエンタメとして面白いとは思うよね。

©天原・クール教信者・白泉社/「平穏世代の韋駄天達」製作委員会

◆物語の設定は、神である韋駄天たちが魔族と戦うというものです。

石田:半分冗談のようなお話ですよね。余談ですが、第一話で韋駄天たちが氷河の中に閉じ込められた魔族の生き残りの姿と出くわした場面では、『デビルマン』を思い出しました。

岡村:(深く頷いて)思いました! 思いました!

石田:話は全然違うんだけどね(笑)。質問に戻すと、こうした神々と魔族の抗争というのは、王道の設定だと思うんです。でも、この作品において人間界はほぼ置いてけぼり状態で。その点では、神様、人間、魔族の三つ巴の描き方って、いろいろあるんだなと感じましたね。

岡村:私は、今の『デビルマン』の話題にちょっと引っ張られちゃうんですけど、脳を改造するシーンがショッカーみたいで(笑)。“え、改造するの?” “改造人間になっちゃうの?”と思って台本を読んでいました。オマージュではないんでしょうけど、そうした懐かしさが少しありつつ、展開の斬新さに面白さを感じています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5