水田航生のチャレンジ精神「一番は失敗を恐れないこと」 ロック☆オペラ「ザ・パンデモニアム・ロック・ ショー」にバンドのリーダー役で出演

特集・インタビュー
2021年09月18日

日本の6070年代ロックシーンを描いたロック☆オペラ「ザ・パンデモニアム・ロック・ ショー」がまもなく開幕! 劇中で人気ロックバンド「THE REASON」のリーダー・山下勝也を演じるのは、水田航生さん。作品に挑む現在の心境、そしてあらためて感じる舞台への思いについて、お話を伺いました。

 

◆ロック☆オペラ「ザ・パンデモニアム・ロック・ショー」で水田さんが演じるのは、ロックバンドのリーダー役です。

バンドのギタリスト役は、以前、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に出演した時にも演じさせていただきました。ただ、その時は弟分みたいな役回りで、今回はリーダーですから、立ち位置が全然違いますね。普段の僕にはまるでリーダー気質がなく(笑)、僕が活動しているユニット「3LDK」でも最年少の三男というポジションで、兄さんたちについていくのがラクだなと思っているんです。ですから、なんとかこの舞台の上だけでも、頼りがいのある男になりたいと思っています。それこそ、(中山)優馬くん演じる楠瀬涼たちから「こいつがリーダーで大丈夫か?」と思われないように(笑)。

◆このインタビュー時はまだ稽古前ですが、現時点で山下勝也はどんな人物だと感じていますか?

プロットを読んだ印象では、しっかりもので、誰よりもロックに対してアツい男。また、クールではなく、パッショナブルな人間。それに、常に先を見据えて行動しているような面も感じます。例えば、誰かと会話をしている時でも、目線は“この人は何を持っているんだろう”とか、“この人の才能を取り入れたら、もっと大きなことができるかもしれない”といったことを考えているような。そもそも、日本でまだロックが主流ではなかった6070年代にバンド活動に惚れ込んで、その道を突き進もうとした人なので、相当な行動力と先見の明があったんだろうなと思います。

◆ロックバンドの役ということで、劇中で生演奏も披露されるのですか?

やる予定です! で頑張ってギターの練習をしていますので、期待して待っていてください!

◆楽しみにしています! 主演を務める中山優馬さんとは初共演ですね。

ええ。でも、実はだいぶ昔に一度だけお会いしたことがあるんです。親しくさせていただいている先輩同士が仲良くて、みんなで食事をした時が初対面でした。スターなのにものすごく腰が低くて驚きましたね。「それ以上腰が低いと、逆に緊張するのでやめてもらっていいですか」とお願いしたぐらい(笑)。でも、そうした礼儀正しさがありつつ、出演している作品を拝見すると、ひたむきに努力されているのが伝わってくる。今回は優馬くんが座長で、僕が劇中ではリーダーという役なので、仲間を引っ張っていく立場同士、いい関係を築いていけたらと思っています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5