SHE’S・井上竜馬インタビュー「このアルバムから“お守り”みたいな存在になる曲を見つけてもらえたらいいな」

特集・インタビュー
2021年10月09日

2021年、バンド結成10周年、メジャーデビュー5周年のアニバーサリーイヤーに突入したピアノロックバンド・SHE’S。そんな彼らが、10月6日(水)に5th Album「Amulet」をリリースした。”お守り”の意味を持つこのアルバムに込めた思いを始め、10月10日(日)のZepp Yokohama公演を皮切りにスタートする全国ツアー、来年2月に行われる日本武道館公演などについて、Vo&Key.を務める井上竜馬さんにお聞きました。

 

◆まず、5th Album「Amulet」に込めた思いを教えてください。

楽しい時でも悲しい時でも一緒にいて、最強な気分になれる。僕にとっての音楽って、そういう存在なんです。「この気分の時はこの曲」という楽曲がそれぞれあるんですが、それらが日々”お守り”のようになっていて、心の支えになっているというか。なので、このアルバムを聴いてくださる方々にも、1曲でも”お守り”みたいな存在になる曲を見つけてもらえたらいいなと思いながら作りました。

◆ドラマの主題歌やバラエティ番組のテーマソングなど、きっと誰もが一度はどこかで耳にしたことがある楽曲たちが名を連ねています。収録楽曲について、簡単にご紹介いただけますか?

1曲目に収録されている「追い風」は、”転ばないことよりも立ち上がること”にフォーカスを当てて描いた、とても力強い曲です。ダークでホラーなサウンドが特徴的なのが2曲目の「Delete/Enter」。3曲目の「Imperfect」は初めてゴスペル調に作った楽曲なのですが、コーラス隊の方々に参加していただいたりして、とても明るい雰囲気になりました。そして、最後の「Amulet」が、このアルバムにおいて僕らが伝えたいことを詰め込んだ、核になっている楽曲ですね。このアルバムはもちろん1枚を通して聴いていただいても楽しめるのですが、本当にさまざまな表情の楽曲が詰まっているので、その時の自分の気分に合わせてピックアップして聞いていただいても面白いと思います。

◆井上さんがこのアルバムで試みた新しい挑戦というのはありましたか?

「Imperfect」でコーラス隊の皆さんと一緒に歌わせていただいたことですね。ずっとやってみたいなと思いつつやれずにいたので、自分の夢が一つかなってとてもうれしかったです。また、今回は書き下ろし楽曲も多く、作品のことをしっかり考えながらも自分たちらしく消化していくという作業を約1年間やってきたのですが、そういった制作の仕方も自分の中では新たな試みでした。

◆楽曲の制作秘話などがあれば教えてください。

うーん。何かあったかな…。あ!「Delete/Enter」はパソコンのキーボードから着想を得て作り始めた曲です。…ということくらいしかなかったです、すみません(笑)。

◆ありがとうございます!(笑) ちなみに、井上さんにとっての“お守り”は音楽以外にどのようなものがありますか?

いっぱいあるんですけど、やっぱり言葉ですね。僕、大学を1年で中退したりして親にすごく心配をかけてしまっているんですが、大阪でライブをやる時はいつも「ライブ行こかな~」と言って見に来てくれて。ライブの後に東京に帰る時も「頑張りや~」って見送ってくれるんですが、その「頑張りや~」のひと言だけですごく励まされるんですよね。あと、事務所の社長からもらった年賀状に「お前の書いた曲を待ってる人がたくさんいる」ということが書かれていて、それを見てあらためて「頑張ろう」って思えて。音楽はもちろん、そうやって人からいただいた言葉も僕にとっては”お守り”になっています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3