『最愛』新井順子Pが語る作品へのこだわりと制作秘話「姓名判断をしまくりました(笑)」

特集・インタビュー
2021年10月21日

◆吉高さんが新井さんから「今までにない吉高由里子を見せたい」とオファーを受けたとお話されていたのですが、実際に演じられているのを見ていかがでしたか?

1話の血だらけの服を燃やすシーンは、吉高さんの表情がすごかったですよね。何がすごいかって、直前まで「ハハハハハー」と笑ってるんですよ。それで、「よーい、はい!」となった瞬間、ポロっと涙がちょっとずつ流れて。“どうしたら、そうなるんだろう”と思いましたね。あと、とある言葉に反応して、ぴくっと眉毛が動くんですけど、そういう細かな表情がうまいなって思いました。

◆松下さんはいかがですか?

松下さんには、好青年の感じは残しつつ、15年前は恋に奥手なタイプだけど好きとはっきり伝えられるところがあり、いっぽう現代では少し無骨な、粗っぽい感じで演じてもらっています。松下さんご自身はそんなにスポーツがお得意ではないと聞いていたんですが、陸上をやっている役を演じるということで、青山学院大学に通ってかなり走り込んでくださったみたいです。3日間、陸上のシーンを撮ったのですが、走るシーンでもフォームが崩れることなく、陸上部っていう感じがちゃんと出ていました。あと1話の車の中で光石(研)さん演じる梨央の父親から「おまえらそんな関係だったんか」と言われるシーン、松下さんのお芝居は婿にきてほしい、旦那にしたいナンバーワンの表情をしていましたね。松下さんと光石さんの関係がいいっていうのも相まって、とてもよいシーンになりました。台本で読むとさらっとしたシーンになんですが、映像で見ると“すごいな”という、本当に生々しいお芝居でよかったなと思います。

◆では、井浦さんはいかがでしょうか?

井浦さんは、『アンナチュラル』の時の中堂がちょっと偏屈な役だったので、今回は癒やし系でいこうと思っていました。仕事をビシッとやっている時と吉高さんの前では心を許している感じを演じ分けてもらって、優しい感じでお願いしたんですけど、癒やされますね、加瀬さん。女性スタッフにも人気で、視聴者の皆さんは大輝と加瀬さんどっち派が多いのかなって(笑)。1話は出番が少なかったのですが、徐々に「梨央のこと、どう思っているんだ?」「社長に好きなんて言えないよね」みたいな感じのシーンが出てきます。火曜ドラマみたいに分かりやすいキュンではないんですけど、そういう大人キュンは、「あれしていこう」「これしてみよう」と打ち合わせで提案しているので、楽しみにしていただけたらと思います。

◆今回、主題歌を宇多田ヒカルさんが担当されています。「君に夢中」を聞いた時の印象を教えてください。

初めて聞いた時は、「最先端!」という感じの曲ですごいなって思いましたね。宇多田さんらしいというか、とにかくカッコいいんです。一方で、曲をかけるタイミングが難しくて…。AメロBメロサビの作りが複雑なんですよ。監督もすごく悩んでいたんですけど、1話は2人のラブのところにかかったので、はまりはいいのかなと。いわゆる分かりやすいラブストーリーとは違った味わいになったかなと思います。宇多田さんから見たらそういう感じなんだっていう、吉高さんと真田梨央のことを想像されたような歌詞になっているなと。

実は、以前にも宇多田さんに主題歌のオファーをしたことがあって。タイミングが合わなかったりと、これまでご縁がなかったんですが、“今回は絶対主題歌は宇多田ヒカルしかいない”と思って。企画書を書いている時もずっと、「SAKURAドロップス」を流しながら書いていました(笑)。吉高さんも宇多田さんがお好きということで、主題歌が宇多田さんに決まった時は、2人でテンション上がってましたね。

PROFILE


新井順子
●あらい・じゅんこ…2001年にTBSスパークルに入社。2008年からプロデューサーとして活動。これまで手掛けた作品は『Nのために』『アンナチュラル』『わたし、定時で帰ります。』『MIU404』『着飾る恋には理由があって』など。

番組情報

金曜ドラマ『最愛』
TBS系
毎週金曜 後10・00~10・54


<第2話(10月22日放送)あらすじ>
思わぬ形で15年ぶりに再会した梨央(吉高由里子)と大輝(松下洸平)。大輝は梨央に任意同行を求め、遺体で発見された昭(酒向芳)との関係や、昭の息子・康介(朝井大智)の遺留品について尋ねる。
会社に戻った梨央に、専務の後藤(及川光博)はフリー記者・しおり(田中みな実)から入手した写真を見せ、昭との関係を追及。梨央を心配した弁護士の加瀬(井浦新)は、今後は一人で警察と会わないよう約束させる。
一方、捜査資料から、梨央が今も変わらずに新薬開発の夢を追いかけていることを知る大輝は、刑事として今回の殺人事件と15年前の事件のつながりを調べ始める。
さかのぼること14年前の2007年――。真田家での生活になじめずにいた梨央。兄・政信(奥野瑛太)との対立や弟の優(柊木陽太)と自由に連絡が取れないなど、慣れない生活を送っていた。そのような中でも加瀬の支えによって何とか大学には通っていた梨央だが、ある衝撃的な真実を知ることに…。

©TBS

  1. 1
  2. 2