森山未來×伊藤沙莉インタビュー「どの時代でも“人と関わりたい”という気持ちは変わらずある」 映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」

特集・インタビュー
2021年11月04日

作家・燃え殻が2016年に発表したデビュー作を映画化した「ボクたちはみんな大人になれなかった」。主人公・佐藤の21歳から46歳までを繊細に演じ分けた森山未來さんと、彼がずっと忘れられない初めての恋人・かおりを演じる伊藤沙莉さんが、それぞれの役に対する熱い思いなどを語ってくれました。

 

◆初共演のお2人ですが、佐藤役を森山さんが、かおり役を伊藤さんが演じると分かった時はいかがでしたか?

森山:かおり役が沙莉ちゃんになると聞いた時、“やるぞ!”といった気持ちになりましたね(笑)。僕の中では『全裸監督』のがらっぱちなメイクさんのイメージが強くて、“本人はどんな感じの人なんだろう?”とは思っていました。

伊藤:森山さんは以前から共演したい役者さんだったので、単純にうれしかったです。でも、実際の森山さんがどういう方なのかは知らなかったので、どんな佐藤になるのか楽しみでしたね。

◆佐藤とかおり、役作りについてはいかがでしたか?

伊藤:この物語のかおりは、あくまでも佐藤から見たかおりなので、結局のところ、ヒントも答えも、ほぼないんです。だから、とても難しい役だと考えてしまい、入り口からつまずいてしまいした。でも、よくよく考えてみたら、どの役にもヒントや答えがあるわけではないし、意外と一般的な女性を演じればいいのかな? というところに行き着きました。かおりが特別な子というわけでなく、佐藤にとって特別な子であればいいのかなと。

森山:37歳という僕の実年齢で考えたとしても、22歳は15年前のことですし、初めて人を好きになった時に感じたことを、ずいぶん前のところから手繰り寄せてこなければいけない気がしたんです。なので佐藤の役作りは、ある意味緊張感を持ってやっていました。そして、かおりというよりも、沙莉ちゃんにどう近づくべきなのか、という距離感の問題もあったので、現場では迷惑をかけたなと…。

◆2人の恋は文通きっかけで始まりますが、実際に文通されたことは?

伊藤:あります! 小学生の時、9歳ぐらいだったと思うんですが、お仕事で一緒になった子と文通してました。メールは母を介してしかできないので、2人だけの話がしたかったんです。

森山:僕は小学校の高学年ぐらいの時からこのお仕事をしていたので、PHSを持たされていたんですよ。だから、手紙を何度もやりとりしたイメージはなくて、中学生のころ、クラスでやっていた交換ノートの印象が強いです。仲良しの男女でやっていました。

  1. 1
  2. 2