ぺこぱ、地上波初冠レギュラーに「ついに来たか!」自身の人生を変えた“ポジティブ”体験とは!?

特集・インタビュー
2021年11月17日

テレビ朝日の平日深夜のバラエティ枠『バラバラ大作戦』。同枠でこの秋スタートした新番組の中から注目芸人にインタビューするTV LIFE本誌の短期連載を、誌面に入りきらなかった未公開トークも含めた特別版としてTV LIFE webでお届け! 初回は、全国各地の前向きな出来事だけを伝えるハッピーなニュース番組『ぺこぱポジティブNEWS』(毎週(水) 深2・36)でWキャスターを務めるぺこぱの松陰寺太勇さん、シュウペイさんが登場。2人にとって初の地上波冠レギュラーとなった同番組への思いを語ってくれました。

 

◆この番組のオファーが来た時のお気持ちはどんなものでしたか?

松陰寺:「ついに来たか!」という感じでした。ちょっとプレッシャーもありましたけど。

シュウペイ:僕は単純にうれしかったです。コンビ名を番組タイトルに入れてもらえるなんて。

松陰寺:確かに、それは大きい。

シュウペイ:今後ずっと忘れられない、思い入れのある番組になるんだろうなとわくわくしました。

松陰寺:地上波という多くの皆さんに見てもらえる放送なので、何とか心に残るような番組にできればと思いましたね。

◆収録をしてみての手応えはいかがでしょうか。

松陰寺:こういう(ニュース番組を模した)雰囲気は初めてで。正直、最初の収録では「本当にこれで大丈夫なのか?」と不安になったんです。どこかでボケしろを作って、ぶっ壊して、Vにツッコミを入れて笑いを取って…というつもりでいたんですけど、そういうのができないまま終わってしまったので(笑)。

シュウペイ:僕も、これは修正しないとまずいんじゃないかと心配になりました(笑)。本来なら、僕がわちゃわちゃとボケるんですけど、収録では進行役として淡々とニュースを紹介していっただけでしたから。大物MCみたいな立ち位置で(笑)。

松陰寺:でも、2回目の収録前に出来上がった番組を確認して、「なるほど!」と。そこでようやく進むべき方向性が見えたんです。

シュウペイ:この番組はシンプルにポジティブなニュースを伝えて、それに対してただただポジティブなコメントをする。その要素だけで構成するのが逆に新しいと気づいて。

松陰寺:早い段階で、自分たちでそれに気づけたのは良かったです。

シュウペイ:僕が腑に落ちたのは、3回目の収録でしたけど。

松陰寺:結構かかったな(笑)。でも、それくらいじっくり向き合った方がよりよい番組が生まれる!

◆まさにその“否定しないツッコミ”というポジティブなネタを持つお二人にぴったりの番組ですよね。

シュウペイ:世の中って、自分たちが思っている以上にポジティブなことにあふれていて。それをこの番組でお伝えしていきたいです。

松陰寺:無理に笑いに持っていかなくても、ポジティブな感情をお届けできたらそれで良くて。

シュウペイ:ほっこりしてもらえたら、うれしいですよね。

松陰寺:この感じを『報道ステーション』に真似されないか、それだけが気掛かりです。

シュウペイ:こっちが先だからね(笑)。

  1. 1
  2. 2
  3. 3