金子大地×醍醐虎汰朗インタビュー「どんな作品になるのか、全く想像がつかない」Huluオリジナル『未来世紀 SHIBUYA』

特集・インタビュー
2021年12月01日

Huluにて一挙配信中のHuluオリジナル『未来世紀 SHIBUYA』。2036年のシブヤを舞台に繰り広げられる、近未来オリジナル動画エンタテインメントだ。主演を務めるのは金子大地さん。そして共演に醍醐虎汰朗さん。WeTuberのミツルとカケルをエネルギッシュに演じた2人に、作品の見どころや撮影裏話を聞きました。

 

◆台本を読んだ時の第一印象を教えてください。

金子:どんな作品になるのか全く予想がつきませんでした。しかも全てiPhoneで撮影するという話を聞いて、ますます想像できなくなり、直前まで役を掴めない状態で現場入りすることに(笑)。僕が演じたミツルは、ビジュアルが個性的なキャラクターなので衣装にこだわったのですが、役に関しては実際に撮影が始まっても正解が分からず…。最近、第1話から第3話までの完成した映像を見て、ようやく「こういうことだったのか!」と理解した部分も多くて。白石(晃士)監督にまんまと操られたな、という気持ちですね(笑)。

醍醐:僕も大地くんと同じで、予想がつかないまま撮影に入りました。iPhoneで長回しで撮っていたのは衝撃的だったんですが、でも長回しの撮影って、役者にとってやりがいを感じたりもするので、そこは楽しかったです。また現場の雰囲気も良かったので、ある種遊びに行くような気持ちで、リラックスして演じられました。

金子:本当にYouTubeの動画みたいな撮影の仕方だったよね。長回しは、途中で誰かがミスをしたらまた最初からになってしまうのが怖かったけど。しかも完成した映像を見たら、台本と流れが変わっていたりもして(笑)。テロップの入り方もYouTubeの動画みたいで、とことん斬新で面白い作品だなと。

◆お2人が演じるキャラクターの魅力や、演じる際に意識したことはありますか?

金子:僕が演じるミツルも、醍醐くんが演じるカケルも、親がいないという悲しい背景があるのですが、それを表に出さず常に明るく正義マンをやっているところが魅力だと思います。僕たちが明るく演じれば演じるほど悲しく見えると思ったので、そこを演技の軸にすればいいのかなと思ってからは、芝居がスムーズにできるようになりました。

醍醐:カケルは、「ミツルのことが大好き」というのを第一に、キャラクターを作りあげていきました。あとは、2人は基本的にずっと画面に映っているので、見ている人に愛されるようなキャラクターにしたくて。“身の回りの人を大切に思うあまり、一生懸命に行動するが、空回りしてしまう”ところが、カケルの愛されポイントだと思ったので、そこを意識して演じました。

金子:ミツルは派手なビジュアルに反して、本当の部分は分からない人物。なので、ミツルが何を考えているのかは、常に考えて演じていました。ただ、動画配信者という役柄上、やっぱり遊び心も持っていないと演じられなかったんです。恥ずかしさがあったら絶対にできない役なので、そこは僕も醍醐くんも振り切って演じました。「死ぬ時は一緒だ!」というような気持ちで(笑)。

醍醐:そうですね(笑)。カケルは分かりやすいキャラクターなので、やりやすかったです。せりふもスッと入ってきたので、僕と似ている部分が多いキャラクターだったと思います。僕もカッコつけるのは好きだし、でもカッコつけた結果、空回ることも多いので…(笑)。あと、金髪にできたのはうれしかったです(笑)。

  1. 1
  2. 2
  3. 3