桜井ユキ「『真犯人フラグ』が一番のチャレンジだった」今年最後の挑戦は初写真集、新たな“表現”に挑む

特集・インタビュー
2021年12月24日

デビュー10周年を迎え、ドラマに映画、CMにと大活躍中の女優・桜井ユキさん。そんな彼女は現在、話題のドラマ『真犯人フラグ』に出演中。2021年を振り返って「挑戦だった」という同作について語ってくれたほか、彼女が自身の今年を締めくくるべく、12月22日(水)に発売した初の写真集『Lis blanc(リス・ブロン)』についても伺いました。

 

◆桜井さんのスタイリッシュな佇まいや雰囲気に憧れる女性は多いと思います。普段、美容などで気をつけていることはありますか?

自炊する時も、蒸す、焼く、茹でるを基本に、調味料を使わず素材そのものの味を生かしたり。あとは水をたくさん飲むようにしています。

◆体を動かしたりは?

10年ほど前から、ジムに週一度は行っています。あとは、最近自転車を買ったので、サイクリングに行ったり。

◆オフの日でも無駄な時間を過ごさないイメージがありますが。

全然そんなことないですよ、家でよくゴロゴロしています(笑)。何もしないで、気づいたら夕方になっている日もありますし(笑)。やらなければいけないことのリストを作るのが苦手なので、ジムや整体などはルーティーンとして予定に入れていますが、それ以外はオフの日に予定を組みたくないんです。

◆そうなんですね。では、2021年も残りわずかということで、今年印象に残ったことを教えてください。

お仕事については、今年もたくさんの役を演じさせていただいたのですが、その中でも挑戦だなと強く感じたのが、今放送中の『真犯人フラグ』です。これだけ長い期間、同じ役を演じるのは初めてで、しかも菱田朋子という役もあまり経験したことのないキャラクターだったので、私にとっては本当に多くのチャレンジが詰まった作品ですね。

◆周囲の反響はいかがですか?

私の役に関しては、「怖い」「気持ち悪い」「夢に出そう」といったネガティブな意見が多いです(笑)。もちろん、感想としてはそれで合っているので、どれも褒め言葉として受け取っています。それに、朋子は突飛なキャラクターではあるものの、あまり非現実的な人間にはしたくないと思っていて。不気味さを出しながらも、“でもこういう人、実際にいるかも”と思ってもらえるギリギリのラインを狙って演じているので、その意味でも「気持ち悪い」という感想はうれしいです(笑)。また、役柄はのような感じですが、現場はとても和やかなんですよ。カットがかかったあとにスタッフさんや共演者の皆さんが笑ってくれたら、「よし、OK!」という気持ちで演じています(笑)。

◆ドラマは折り返しです。ますます“真犯人”が誰なのか、気になるところですが…。

実は、キャストもみんな知らなかったんです。最初はそれぞれ自分の役のことしか知らされていなかったので。ちなみに西島(秀俊)さんは、知らないほうがいいからと、いまだに真犯人をご存知ないんです。

◆ズバリ、桜井さんが視聴者なら誰にフラグを?

芳根(京子)さん演じる二宮瑞穂さん! 怪しくないですか?(笑) 最初は(橘)一星くん(佐野勇斗)かなと思ったんです。でも、やっぱり瑞穂さん。…と言いながら、全然見当違いの可能性もありますけどね(笑)。私の推理が合っているか、ぜひ最後まで見届けてもらえたらと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4