『ファイトソング』武田梓P&岩崎愛奈Pインタビュー「最後まで大きく心が動くようなドラマにできれば」

特集・インタビュー
2022年03月14日

『ファイトソング』

◆慎吾が花枝に、凛(藤原さくら)が慎吾に、迫(戸次重幸)さんが直美(稲森いずみ)さんにと、“好き”という矢印が向いていて、見ていてもどかしい気持ちになるシーンもあります。そのあたりはどのように描くことになりましたか?

武田:最近のドラマの傾向なのかもしれないんですが、このドラマもいい人しか出てこないので、自分じゃない誰かと戦うというよりか、自分と戦っている人が多いドラマにできればなと思っていました。そして、何か大きい事件が起こるとかでもないので、もちろん主人公が壁にぶつかることはあるんですけど、各々の心理的な部分をすごく丁寧に描けたらなと思いました。そうすると一人ひとりに好きな人がいて、その好きな人とどう向き合っていくかみたいなのはしっかり描いていければなと。

◆凛と慎吾の関係性がすごくいいなと思ったのですが、お2人のシーンで何か印象的だったシーンはありますか?

武田:凛と慎吾は8話の、片付けをしながら、花枝と芦田の話をするシーンはめちゃくちゃ名シーンで、本当にかわいらしいんです。最初の方はよくあるラブコメであまり者同士がくっついていくみたいな展開を、慎吾がすごく花枝に対して一途なので、そうはなってほしくないなと思いながら作っていました。ですが、やっぱり慎吾と凛がかわいくて、どんどん皆さんからも愛されていて、“この2人にくっついてほしい”みたいな声も意外と大きかったりするんです。それがうれしい誤算だなと思っていますね。あの2人のやりとりもそうですけど、6話のテントの中でのシーンで2人の寝相が一緒みたいなシーンはビジュアル的にもかわいくて、一緒に育ってきたんだなというのが感じられていいシーンだなと思いました。

◆間宮さんの歌声も本作の見どころのひとつかと思うのですが、お2人は間宮さんの歌声を知っていらっしゃったのでしょうか?

武田:朝ドラで歌っていたので、できない方ではないというのは知っていたんです。ただ、ミュージシャンの役ではあるんですけど、一発屋で今はもう売れていない役なので、歌ってもらうのが難しかったら、正直歌うシーンなしで成立させようと思っていました。そこで間宮さんの歌声を事前に聞かせてもらうために、何曲か歌をレコーディングしてもらい、その歌声が、すごく声が良くて歌も上手だったので、これだったらいけるなと感じました。そこから台本を今の感じに、しっかり歌うシーンを作っていきました。

岩崎:視聴者の方と同じく、私たちもあの歌声のきれいさに驚かされたというか衝撃を受けましたし、声質の良さに加えて俳優さんならではの表現力が歌に乗っかっていたので、私たちも心を動かされました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4