ミルクボーイが俳句&いけばな査定に初参戦!『プレバト!!』6・4放送 | TV LIFE web

ミルクボーイが俳句&いけばな査定に初参戦!『プレバト!!』6・4放送

バラエティ
2020年06月03日
『プレバト!!』

 6月4日(木)放送の『プレバト!!』(MBS/TBS系)は、「俳句」と「いけばな」の才能査定ランキングを送る。

 「俳句の才能査定ランキング」には、ミルクボーイ・内海崇が初登場。さらに、東大出身の髙田万由子や前回初登場にして才能アリ1位を獲得した東大出身インテリ落語家・春風亭昇吉、現役東大生で謎解きクリエイターとして活躍中の松丸亮吾、Kis-My-Ft2の宮田俊哉が参戦する。

 過去6回中4回才能アリを獲得している髙田は「最近は俳句を作るのが楽しくなってきた」と手応えを語る。一方、前回65点の凡人査定に終わってしまった松丸は、放送を見たメンタリストで活躍する兄・DaiGoから「65点」というあだ名をつけられてしまったそうで、「トラウマであまり詠みたくないと思っていた」と明かし、リベンジに燃える。内海は、自身のホームページで“自分史”を書いているというが、その言葉選びのセンスはいかに。

 夏井いつき先生から出題されたお題は「紙袋」。夏井先生は「総じてレベルは高いです!」と興奮気味に話す。

 また、永世名人・梅沢富美男が自身の俳句集出版に向け、掲載にふさわしい一句かどうかをジャッジされる「富美男のお手本」のコーナーも。これまで“ボツ”という結果に終わっている梅沢は「永世名人になって天狗になってました」と反省。初心に返って詠んだという渾身の一句で挑む。

「いけばなの才能査定ランキング」にはミルクボーイの駒場孝が挑戦。さらに、松丸、女優・高島礼子、山崎静代(南海キャンディーズ)が参戦する。初登場の高島は「以前いけばなの番組で才能があるといわれたことがあります」と自信をのぞかせる。

 「水彩画」や「絵手紙」などの芸術査定で特待生の腕前を誇るしずちゃんは、初挑戦となるいけばな査定に「絵を描く感覚で生けました」と明かす。査定をする假屋崎省吾先生が「100点満点では足りない!」と絶賛する作品が登場する。

『プレバト!!』
MBS/TBS系
2020年6月4日(木)後7・00~8・00

©MBS