高橋英樹、近藤正臣、三田佳子が73年大河『国盗り物語』秘話を語る『戦国大河ドラマ名場面SP』6・21放送 | TV LIFE web

高橋英樹、近藤正臣、三田佳子が73年大河『国盗り物語』秘話を語る『戦国大河ドラマ名場面SP』6・21放送

バラエティ
2020年06月20日
『国盗り物語』

 6月21日(日)放送の『麒麟がくるまでお待ちください~戦国大河ドラマ名場面スペシャル~「国盗り物語」』(NHK総合ほか)に近藤正臣と松村邦洋が出演する。

 この番組は、これまで放送した戦国大河ドラマの中から、明智光秀を深く描いた作品や人気の作品をセレクトし、名場面を紹介する特別番組。MCは高橋英樹と麒麟・川島明が担当する。

 『国盗り物語』は、1973年に放送された大河ドラマの第11作。司馬遼太郎の「国盗り物語」「新史太閤記」などを基に大野靖子が脚色。明智光秀、斎藤道三、織田信長など『麒麟がくる』で中心をなす武将たちがこぞって登場する。

 番組では、『国盗り物語』の中で、希代の女ったらしとして描かれた“美濃のまむし”こと斎藤道三の成り上がり人生や、信長と光秀との緊迫したやりとり、本能寺の変に注目。

 ゲストの近藤、松村と共に数々の名場面を紹介し、信長を演じた高橋、光秀を演じた近藤、深芳野役の三田佳子が当時の秘話を語るインタビューも紹介する。

『国盗り物語』

『麒麟がくるまでお待ちください~戦国大河ドラマ名場面スペシャル~「国盗り物語」』
NHK総合ほか
2020年6月21日(日)後8・00~8・45

©NHK