藤井聡太新棋聖のドキュメンタリー『藤井聡太17才』が7・19放送 | TV LIFE web

藤井聡太新棋聖のドキュメンタリー『藤井聡太17才』が7・19放送

バラエティ
2020年07月17日

藤井聡太

将棋界の記録を塗り替え続ける天才棋士・藤井聡太七段のドキュメンタリー『藤井聡太17才』が7月19日(日)に放送される。

7月16日に棋聖戦の第4局が行われ、渡辺明棋聖を下し新棋聖となった藤井聡太七段。藤井七段は現在17才11か月で、1990年に屋敷伸之九段が打ち立てたタイトル獲得の最年少記録、18才6か月を30年ぶりに更新した。

東海テレビは地元の棋士が史上最年少で初のタイトルを獲得するという偉業を伝えるため、当初予定していた番組を変更し、当番組の放送を決定。藤井七段が小学6年生のころから取材を続けてきた東海テレビがこれまで撮り溜めた、史上最年少でのプロ入り、史上最多の29連勝、史上最年少の六段昇段、七段昇段など数々の記録のほか、杉本八段との師弟対決など、これまでの成長の記録を放送する。

藤井聡太

藤井七段ら一門の「東海地方にタイトルを」という悲願は、藤井七段の大師匠にあたる故・板谷進九段の果たせなかった夢だった。藤井七段が、さまざまな人たちの夢を乗せたタイトルの獲得に向けて研鑽を続けてきた日々を、萩本欽一のナレーションで伝えていく。

東海テレビの伏原健之プロデューサーは、「藤井七段は私たちにとって“ふるさとの偉人”です。 世の中が暗くなりがちな今、藤井七段の穏やかな笑顔を届けたいと思います」とコメントしている。

番組概要

藤井聡太

『藤井聡太17才』
2020年7月19日(日)後1・25~2・25 東海地区ローカル
2020年7月19日(日)後4・00~5・00 関西テレビ
※フジテレビ系列局で日時違いで放送する場合あり

ナレーター:萩本欽一