竹内由恵が初演技で“ぶりっ子悪女”小林麻耶と対決! | TV LIFE web

竹内由恵が初演技で“ぶりっ子悪女”小林麻耶と対決!

バラエティ
2020年07月27日

『痛快TV スカッとジャパン』

7月27日(月)放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に元テレビ朝日アナウンサーの竹内由恵が初出演し、ショートドラマ「ぶりっ子悪女」で初演技に挑む。

今回は、スタジオに長澤まさみ、佐藤勝利(Sexy Zone)が登場。さらに『半沢直樹』(TBS系)での怪演も話題の市川猿之助がスタジオに初登場する。

『痛快TV スカッとジャパン』

竹内が登場するのは、悪女スカッと「ぶりっ子悪女」。テレフォンアポインターの仕事をしている中原真琴(竹内由恵)。そのテレアポ業務の教育係・内田美樹(小林麻耶)は、若い女の子にダメだしばかりをする超絶ぶりっ子な教育係。

ある日、今日はまだ商品が売れていないという真琴に対し「真琴ちゃんが売れないと、教育係の私のせいになっちゃうんだからね」とプレッシャーをかける内田。さらに「女の子らしさが足りないから商品が売れてないんだ」と言い、もう一度教育をし直そうとする。さらに「分かった!なんで女の子らしさが足りないか!顔がぶちゃいく~~」と理不尽な事を言ってさらに真琴を困らせてくる。

『痛快TV スカッとジャパン』

この日以降、内田の真琴に対する要求がさらにエスカレート。「真琴ちゃん男の転がし方分かってないなー」「もしかして今までろくな恋愛してきてない?」などと仕事とは関係のない事を言って真琴にプレッシャーをかけ、さらには「いつでも辞めていいよ」と真顔で言ってくる。

だが、ショールームで行われた対面販売で事件が起こる。真琴がお客様の対応をしている最中、内田が横から割って入り、お客様対応を変わると、思わぬ結末でスカッと成敗される。

『痛快TV スカッとジャパン』

ショートドラマを見ていた長澤は「怖かったですね。ホラーを見ているみたいでした」と。佐藤は「ほぼ『世にも奇妙な物語』みたいな瞬間があった」とVTRを振り返り、スタジオは爆笑に包まれる。

番組情報

『痛快TV スカッとジャパン』
フジテレビ系
2020年7月27日(月)後7時~9時

<MC>
内村光良

<スタジオゲスト>
長澤まさみ
市川猿之助(初)
佐藤勝利(Sexy Zone)
三田寛子
ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか)
陣内智則

<ショートドラマ出演者>
▼スカッとばあちゃん/言ってやったスカッと
笹野高史 松下由樹 寺脇康文 佐藤仁美 長嶋一茂 他

▼逆転弁護士スカッと
城田 優 島崎遥香 他

▼悪女スカッと「清掃会社のイヤミ社長夫人」
泉ピン子 南果歩 他

▼悪女スカッと「ぶりっ子悪女」
小林麻耶 竹内由恵 他

▼悪女スカッと「忙しいアピール女」
滝沢カレン 岡本あずさ 他

▼カッコいい女性が成敗スカッと
真飛 聖 小島藤子 他

▼頭脳で解決スカッと/まさかの解決スカッと
松丸亮吾 後藤拓実(四千頭身) 3時のヒロイン ぺこぱ フワちゃん 他

▼ファミリースカッと
小日向文世 柳 ゆり菜 生田智子/斉藤暁 他

©フジテレビ