稲川淳二「1000人でも2人でも怖い。こういう時こそ怪談」12年目の『怪談グランプリ』が8・9放送 | TV LIFE web

稲川淳二「1000人でも2人でも怖い。こういう時こそ怪談」12年目の『怪談グランプリ』が8・9放送

バラエティ
2020年08月06日

怪談グランプリ

今年で12年目を迎える『稲川淳二の怪談グランプリ2020~奇々怪々 真夏の夜話5選~』が8月9日(日)にカンテレで放送。

今年は一次審査を通過した10名の怪談師による予選会が行われ、一般審査員70名がリモート観戦で審査。総合得点が高かった5名が決勝戦に進出した。

決勝戦に進出したのは、イラストレーターを生業としながらオカルト研究に没頭する由乃夢朗、鳥取県境港市で看護師として働きながら怪談師としても活動する神原リカ、生まれた場所が階段だったという笑いにくいギャグをとばす漫才コンビ・ランドスネイルの伊藤太一、元女ピン芸人の石野桜子、東京五反田で夜な夜な怪談マニアが入りびたるバーを経営するやまげらの5名。

それぞれが話す怪談のタイトルは「行ったり来たり」(由乃)、「古いトンネル」(神原)、「注意」(伊藤)、「喫煙所」(石野)、「おばあさん」(やまげら)。決勝戦を前に意気込みを聞かれた5人。由乃は「自分にリスクのある話をするので勝ちたいです」、神原は「今できる精いっぱいで頑張りたいと思います」、石野は「やるぞ」、伊藤は「優勝して必ず1000万円をGETします!(※賞金は10万円)」、やまげらは「憧れの稲川淳二さんに怪談を聞いていただくのが夢だったので全力で頑張りたいと思います」と、それぞれ野望を語った。

審査員がそれぞれ一番怖かったと思う怪談師を選び多数決で優勝者が決定。引き分けの場合は、大会審査委員長・稲川淳二が選んだ怪談師が優勝となる。放送終了後には、惜しくも予選で敗れたその他の怪談師たちの怪談が動画配信サイト「カンテレドーガ」(http://ktv-smart.jp)で無料配信される。

コロナ禍での怪談について稲川は、「こういう時こそ怪談ですよ。怪談って1000人の会場でも、2人で友達と話しても怖いのは同じですから」とコメント。「怪談は殺伐としたホラーと違って、怖いんですがなぜか温かさや懐かしさもある。こういう時には最高にいい」とアピールした。

怪談グランプリ

番組情報

『稲川淳二の怪談グランプリ2020~奇々怪々 真夏の夜話5選~』
カンテレ
2020年8月9日(日)深1・00~1・59(関西ローカル)

MC:岡田圭右(ますだおかだ)
審査委員長:稲川淳二
審査員:増田英彦(ますだおかだ)、山口敏太郎、ゆきぽよ

WEB

番組公式HP:https://www.ktv.jp/kaidan/