現役高校生による最強頭脳決定戦!『ネプリーグ』8・17放送 | TV LIFE web

現役高校生による最強頭脳決定戦!『ネプリーグ』8・17放送

バラエティ
2020年08月17日

『ネプリーグ』

8月17日(月)放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)は、夏休み企画として現役高校生による最強頭脳決定戦を送る。

出場するのは、東京都立日比谷高校、私立早稲田高校、国立筑波大学附属高校の名門高校3校。日比谷高校のリーダーを堀内健、早稲田高校のリーダーを原田泰造、筑波大学附属高校のリーダーを名倉潤が務め「コンプリーグ」「漢字ウォール」「ソロボンバー」の全3ステージに挑戦する。

1stステージは、出題される問題の1番~4番までを一人ずつ正しく順番通りに答える「コンプリーグ」。林修先生はそれぞれの学校について「校風は少しずつ違いますが、それぞれの良さがあって、どこも素晴らしい教育を行われている」と太鼓判を押す。
今年、中高一貫校を除く公立高校の中で、東大合格者数トップを誇る都立日比谷高校チームは、「2校に負けないで優勝したい!」と意気込む。

2ndステージは、お題に当てはまる漢字を順番に思いつく限り書いていく「漢字ウォール」。このステージでは漢字の猛者・林先生も参戦し、4チーム戦に。漢字検定準一級の取得者がいる早稲田高校チームがその実力を発揮し、林先生が「その字があったか!」と圧倒される場面も。このステージで勝ち残った2チームが決勝に進出する。

3rdステージは、あるお題に対し持てる知識を交互に制限時間内に答え続ける「ソロボンバー」。それぞれのチームが「ここまできたからには優勝する!」と対抗心を燃やす。

番組情報

『ネプリーグ』
フジテレビ系
2020年8月17日(月)後7時~8時

©フジテレビ

この記事の写真