菅田将暉&TOKIOが人生の“まちがいさがし”で赤裸々トーク | TV LIFE web

菅田将暉&TOKIOが人生の“まちがいさがし”で赤裸々トーク

バラエティ
2020年08月26日

『TOKIOカケル』

8月26日(水)放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)は、1年ぶり5回目の出演となる菅田将暉がゲストに登場する。

“生まれてはじめて聞かれました”では、長瀬智也が「好きなタイプについて分析してみませんか」と質問。菅田は「過去に好きになった女性を想うと…」と自ら分析する。

また“彼女専用の携帯を持っていたこと”や“理想のプロポーズ”など過去の菅田の恋愛トークをまとめたVTRを見て、城島茂が「菅田君の連絡を待つような女性が多かったのでは?」と分析すると、「確かに…。長く一緒にいられなかった理由はそこだったりしました」と大きくうなずく。

さらに「電話が嫌いな人はいなかったのか?」「“これは苦手だな”と思ってしまう瞬間は?」などTOKIOが菅田のリアルな恋愛観に迫っていく。

そして、国分太一が「30歳までに結婚したいと言っていたけど、今は変わった?」と質問。「プロポーズする時にこの光景(『TOKIOカケル』収録)が思い浮かぶと思う」という菅田が、TOKIOに本音を明かす。

また、国分が大ファンだという菅田の楽曲「まちがいさがし」にちなんで、それぞれが人生の“まちがいさがし”をしていく。

今年50歳になる城島は「最近、行きつけのお店でかっこつけて後悔した」エピソードを、菅田は「自宅マンションで起こした大事件」について告白。赤裸々トーク連発に、松岡昌宏が「何でもかんでも言わなくていいぞ!」と慌てるひと幕も。

他にも、さまざまな役柄に挑み続ける菅田の「誰にも見られたくない」というこだわりの役作りや、会った瞬間に「気を抜いたら負ける!」と感じた大物女優の存在を明かす。

『TOKIOカケル』

  1. 1
  2. 2