小学生プロゲーマー、SNS発アーティストなど時代の先を行く若者たちをマツコが深掘り | TV LIFE web

小学生プロゲーマー、SNS発アーティストなど時代の先を行く若者たちをマツコが深掘り

バラエティ
2020年09月05日

マツコ会議

9月5日(土)の『マツコ会議』(日本テレビ系)は、マツコ・デラックスを圧倒する若者たちの今を深掘りする。

まず登場したのは、2年前に中継したプロゲーマーが集う池袋のゲームカフェで、大人に交じってプレーしていた小学生ゲーマー・ほのかちゃんとメロンくん。当時スカウトでプロチームに所属し、大人顔負けの腕前を見せていた2人だが、2年たった現在、ほのかちゃんは中学1年生になり、今年2月にはゲームで日本一を競う「スプラトゥーン甲子園2020」の関東地区大会に自ら仲間を募って出場していた。いっぽう、中学2年生になったメロンくんは個人で活動しながら、自分のゲームの幅を広げるためにパソコンゲームを開始。今練習しているのは 6月に配信が始まったばかりのシューティングゲーム「VALORANT(ヴァロラント)」で、1日4時間もパソコンに向かっているという。

続いては、今年6月に中継を結んだSNSがきっかけでデビューした高校生たち。その集まりに登場したのは、ラップでデビューを果たしたアーティストのさなり君。さなり君は作詞作曲編曲全てを自身で行っているアーティスト。16歳の時に作詞作曲したラブソングが女性からの支持を得て、ミュージックビデオの再生回数は800万回超えを達成。そんなさなり君のオンラインファンミーティングに潜入する。

マツコ会議

さらに、K-POPデビューを目指す女子高生タルちゃんも登場。小学生の頃からダンスを習い、少女時代のファンだったというタルちゃんは、中学1年生の時に韓国の芸能事務所が主催する日本オーディションに参加。およそ2万人の中から日本人でただ一人合格し練習生になったという逸材だが、実は今あることで大ピンチに陥っていると聞き直撃。その驚きの理由が明らかになる。

番組情報

『マツコ会議』
日本テレビ系
2020年9月5日(土) 後11・00~11・30
出演:マツコ・デラックス