「MAKOはマイケル・ジョーダン」生みの親・J.Y.Parkが明かすNiziUの魅力とは? | TV LIFE web

「MAKOはマイケル・ジョーダン」生みの親・J.Y.Parkが明かすNiziUの魅力とは?

バラエティ
2020年09月19日

マツコ会議

9月19日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)は、先週に引き続き世界的音楽プロデューサー・J.Y.Parkが韓国のスタジオから出演する。

先週の放送では、J.Y. Parkの「褒める指導の本質」や「餅ゴリ」という自身のあだ名についてなど、これまであまり語られなかったパーソナルな部分に切り込んだマツコ・デラックス。今回は、マツコもハマったという『Nizi Project』と「NiziU」についてより深く掘り下げていく。

『Nizi Project』は、J.Y. Parkが10年もの構想を経て作り上げたオーディション番組。番組を見たマツコは「オーディションは人生の縮図」と評するほど、この番組に魅了されたと語る。

また、番組を通してさまざまな課題を乗り越え、1万人の中から選ばれたNiziUのメンバーたちの成長を見たマツコは、「ちゃんと目標があって、未来を描けている人はどんなに厳しい環境にあってもちゃんと食らいついていく。そういう真っ当な姿をあらためて見せられた」とコメント。

マツコ会議

対するJ.Y. Parkは「プロデューサーとしては、短所がたくさんあっても、特別な長所が1つだけあればメンバーに選びます。短所は隠して長所を最大限引き立たせればいい。全員その長所があるから、NiziUメンバーは完璧だと思います」と断言。あらためてプロデューサーとしての在り方を説いた。

そして話は、なぜこの9人が選ばれたのかという、メンバー1人ひとりの具体的な魅力の話に。「MAKOはマイケル・ジョーダンを彷彿とさせる」「RIKUは最も予想を超えていった参加者」など、J.Y. Parkからそれぞれの魅力を聞いていく中、マツコに「出てきた瞬間からすごかった」と言わしめるRIMAの話になると、「実は一番心配していた参加者だった」というJ.Y. Park。番組ではその言葉の真意が明らかになるほか、マツコが『Nizi Project』で最も心を動かされた、このオーディションの“真のスター”についても熱く語る。

番組情報

『マツコ会議』
日本テレビ系
2020年9月19日(土) 後11・00~11・30

Web

番組HP:https://www.ntv.co.jp/matsukokaigi/
番組Twitter:https://twitter.com/ntv_matsukomt