パラアスリートを追うドキュメンタリー番組が“プロジェクト”に進化!『ストロングポイントX』10・4スタート | TV LIFE web

パラアスリートを追うドキュメンタリー番組が“プロジェクト”に進化!『ストロングポイントX』10・4スタート

バラエティ
2020年09月28日

『ストロングポイントX』

パラアスリートたちを追うドキュメンタリー番組『ストロングポイント』(BS日テレ)が、10月から『ストロングポイントX』にリニューアルする。

2016年2月21日の放送開始から4年半が経過し、パラスポーツ専門のドキュメンタリー番組から“プロジェクト”に進化。『ストロングポイント』のナビゲーターを4年半務めたくりぃむしちゅー・上田晋也が旗振り役となり、独のパラスポーツ応援プロジェクトをスタートさせる。

パラアスリートの願いをかなえ、さらなる飛躍を応援する「選手激励プロジェクト」、パラアスリートと五輪選手、さらには各界のトップとの対談で進化のヒントを発見する「マッチングプロジェクト」など、さまざまなプロジェクトを通じ、パラスポーツを楽しく、分かりやすく伝える。

初回放送となる10月4日(日)の「マッチングプロジェクト」第1回には、パラ陸上・走高跳の鈴木徹選手と、スキージャンプの葛西紀明選手が登場。義足のレジェンドとスキージャンプのレジェンドという競技歴の長い2人から驚きのエピソードが飛び出す。

上田晋也 コメント

『ストロングポイント』番組開始から4年半、パラアスリートたちが自分の障がいと向き合いながら、肉体を技に磨きをかけ続ける姿に驚かされてきました。
東京パラリンピックが1年延期され、新型コロナウィルスの影響で、まだ十分な練習環境を得られない選手たちもたくさんいます。そんな選手たちにパワーを送れるよう番組はリニューアルし、僕もありきたりの…いやいやありったけの力で応援していきたいと思います。
初回放送の「マッチングプロジェクト」では、鈴木選手と葛西選手が競技の違いを超え、ベテランらしい奥深い話を聞かせてくれました。今後も刺激的なマッチングをしていきたいと思いますのでお楽しみに!東京パラリンピックまで1年、『ストロングポイントX』をよろしくお願いします!

パラ陸上 走高跳・鈴木徹選手 コメント

僕が一番お話を伺いたかったのが葛西さんでした。現役選手で40歳を超えてやっている方ってほとんどいらっしゃらないので。それも世界レベルで活躍されている方は。僕と「ジャンプ」という共通性もありますし、トレーニングの仕方だったり本も読ませていただきました。これから40歳以降の体、僕はわからなくて葛西さんは先に経験されているので、すごく勉強になりました。

スキージャンプ・葛西紀明選手 コメント

対談を終えて、鈴木選手は、何となく僕のたどってきた道に近いなと思いました。
パラリンピックに向かってのリズムがすごくいい感じに見えているので、来年の東京パラリンピックはメダルを取れると、僕は信じています。またこうして今日対談できて、同じ40代のアスリートってもう本当に数少ないので、競技は違いますけれども何か刺激をもらえました。「僕も頑張るし、鈴木選手も頑張る」というのが感じられました。

番組情報

『ストロングポイントX』
BS日テレ
2020年10月4日スタート
毎週(日)後5・30~6・00

出演:プロジェクトリーダー 上田晋也

番組ホームページ:https://www.bs4.jp/strongpoint/

©日テレ