Aぇ! groupの末澤・小島・福本が記憶力の限界をぶち破る!「3人でのロケは達成感がありました」 | TV LIFE web

Aぇ! groupの末澤・小島・福本が記憶力の限界をぶち破る!「3人でのロケは達成感がありました」

バラエティ
2020年09月28日

なにわからAぇ

9月28日(月)の『なにわからAぇ! 風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾~』(カンテレ)は、Aぇ! groupの末澤誠也、小島健、福本大晴が記憶力の限界に挑戦する。

以前、同じ記憶力の企画で『難読苗字100個』の記憶に挑戦したが、今回は末澤、小島、福本の3人が『関西の難読地名100個』の記憶に挑む。「一口(いもあらい)」「三碓(みつがらす)」「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」など個性的な地名がずらりと並び、前回よりも難易度が大幅にアップ。不正解の場合は、おなじみの罰ゲーム“ビリビリ椅子”のえじきになる。

第1弾からルールが変更され、わかる人が答える形ではなく、決められた順番に解答権が回ってくることに。第1弾の記憶力企画に参加していた末澤と福本はスタートから真面目に取り組むも、あまりの難しさに「前回よりもムズイ…」(福本)と焦りを隠せない。いっぽう、この企画初参加の小島は「一問何秒で覚えたらいい?」とのんびりモードで、福本に「そんなん言う暇あるんやったらもうやったほうがええで!」とキレられてしまう。

わずか15分の記憶タイムを経て始まったチャレンジ1回目。初めに挑戦した末澤は、1問目から「俺、全部見てないねん」と言い訳しながら不正解となり、早速ビリビリのえじきに。続く小島も初体験の痛みに悲鳴を上げ、幸先の悪いスタートとなってしまう。

続く2度目の記憶タイムでは「暗記の時間が一番苦手。みんなでワイワイしときたい」という小島のマイペース発言に、末澤も「向いてないやん今日のロケ」と苦笑い。何度か挑戦を試みるが、現役インテリ大学生である福本以外の2人のミスでなかなか成功の兆しが見られず、途中リーダーの小島がスタッフに土下座をするなど不穏な展開が続く。

記憶力をアップさせようと酸っぱいジュースを飲んだり、タライいっぱいの氷水に足を漬けるなど身体を張り続ける3人だったが、果たして難読地名100個の記憶を達成することができたのか。

番組の模様は、放送終了後に無料動画配信サービス「GYAO!」で全国独占配信。番組連動のオリジナル動画『Aぇ! コスプレ名言塾』では、Aぇ! groupが“悪魔”のコスプレに挑戦。

  1. 1
  2. 2