和牛が食べられなかった名店に突撃「うますぎてしゃべりたない」『和牛の町×ごはん』10・6放送 | TV LIFE web

和牛が食べられなかった名店に突撃「うますぎてしゃべりたない」『和牛の町×ごはん』10・6放送

バラエティ
2020年10月05日

『和牛の町×ごはん』

10月6日(火)放送の『和牛の町×ごはん』(BS日テレ)は、これまで食の雑誌「dancyu」植野広生編集長が、過去番組内でVTRのみで料理を紹介し、和牛が食べられなかった名店に突撃する“和牛が食べたかった町×ごはん”を放送する。

過去にVTRのみの紹介で実際に食べることができなかった名店に行けるという企画に水田信二は「プライベートでやろうとしていたことを仕事でやらせてもらえるんですか?本当に最高です」と答え、川西賢志郎も「至れり尽くせりやね~」と。

1軒目に訪れたのは、中目黒にあるイタリアン「RODEO」。ここでは、見たことのない包み方の“十勝産マッシュルームのオムレツ”と“炭トキドキ薪 ミートソーススパゲティ”を堪能し、水田は「人生の中でもいい思い出になりそう」と絶賛する。

2軒目は祐天寺の「三宿トラジ」。水田はプライベートで過去2回電話しても予約が取れなかったといい、今回念願だった絶品ハラミ“トラジ焼き”を頂くことに。川西は、口に入れるやいなや「うんまー!」と絶叫し「すんごいぞ!このハラミ、水田もいけいけいけー!」と最高のテンションに。続いて食べた水田も「一番うまい!」と二人そろって大絶賛。続いて“特上タン”も食べるが、川西は「見てくれてはる人に申し訳ないけど、うますぎてしゃべりたない」と言いだす。

最後は三軒茶屋の盛岡じゃじゃ麺の「じゃじゃおいけん」へ。秘伝の肉みそに、元料理人の水田も何が入っているか当てられないという、シンプルだが深い味わいに感動する。植野編集長おすすめの食べ方で味変も楽しむ。

さらに、植野編集長が「ほぼ全ての人が満足する」と自信をもって勧める渋谷「BAR Legacy」でお酒と食事のマリアージュの楽しみ方も紹介する。

番組情報

『和牛の町×ごはん』
BS日テレ
2020年10月6日(火)後9・00~10・00

©BS日テレ

この記事の写真