横浜流星、吉高由里子の行動で勘違い!?「僕のこと好きなのかなと…」『TOKIOカケル』10・21放送 | TV LIFE web

横浜流星、吉高由里子の行動で勘違い!?「僕のこと好きなのかなと…」『TOKIOカケル』10・21放送

バラエティ
2020年10月21日

『TOKIOカケル』

10月21日(水)放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)は、3年ぶりとなる吉高由里子、初登場となる横浜流星がゲストに登場する。

2人を迎えて送るのは、男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を刑事にふんしたTOKIOと横浜が選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事にふんした吉高に判定してもらう企画“完全に好きアピ警察24時”。

『TOKIOカケル』

まず、長瀬智也が「グループLINEで一緒になった女子から個別にあいさつLINEを送ってくる」という女子の行動を「わざわざ個別に送ってくるのは絶対気がある!」と主張すると、吉高は“クロ”と判定。

国分太一から「流星君はどうですか?」と振られると、横浜は「内容によります」と冷静に分析するが、その分析にTOKIOは大ブーイング。「鈍感だな!」「若いのだからもっと夢を持て!」と言われ、横浜は困惑してしまう。

『TOKIOカケル』

そんな横浜は、女子の“クロ”行動として「“ちゃんと食べている?”と撮影現場でやたら気にかけてくる女子」を挙げ「お弁当作ってきてくれたり差し入れしてくれたり、気にかけてくれるんです。僕のこと好きなのかな?と思っちゃって」とリアルなエピソードを明かす。

TOKIOも「それは絶対クロ!」「完全に気がある!」と“クロ判定”を後押しするが、吉高の判定は「シロ」。動揺が広がる男性陣に理由を求められた吉高は「この行動、私のことだよね?」と衝撃告白。横浜が「自分のことを好きかも」と感じてしまったのは、なんと吉高の行動だった。前代未聞の展開にスタジオ中が興奮に包まれるが、果たして真相は…。

『TOKIOカケル』

“生まれてはじめて聞かれました”では、松岡昌宏が「初めての給料の使い道は?」と質問。小学校6年生の時に芸能界入りした横浜は、子役時代からの給料をためて、あることを実現したことを明かし、一同を感心させる。一方、吉高は意外なアルバイト経歴と初給料の使い道を明かす。他にも、「スマホで何撮る?」などの質問を通して、吉高、横浜の知られざる素顔に迫る。

  1. 1
  2. 2