山本舞香の“ビンタ”話にTOKIO仰天「もうちょっとソフトなエピソードはないの?」『TOKIOカケル』10・28放送 | TV LIFE web

山本舞香の“ビンタ”話にTOKIO仰天「もうちょっとソフトなエピソードはないの?」『TOKIOカケル』10・28放送

バラエティ
2020年10月28日

『TOKIOカケル』

10月28日(水)放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)は、ゲストに山本舞香が初登場する。

“生まれてはじめて聞かれました”では、松岡昌宏が「芸能界で一番ビビった人は?」と質問。「2人います」という山本が名前を挙げたのは、なんと松岡。『13歳のハローワーク』(2012年1月期/テレビ朝日系)で共演した際、初対面で「怒らせてはいけない人」とビビってしまったという山本。「自分が聞いた質問で、自分の名前が挙がるとは!」と驚く松岡と山本が当時を振り返り、国分太一らメンバーは「松岡らしい!」と大爆笑する。

さらに、松岡が「この仕事をしていなかったら何していると思う?」と尋ねると、山本は「仕事を辞めたいと思ったことがあって、その時はキャバ嬢になりたかった」と明かす。仕事を辞めたいと思った理由や、再び役者を続けようと決心したきっかけなど、山本の本音にTOKIOが迫る。

また、国分は「ビンタしたこと、ある?」と質問。「人生で一番怒った時に、親友をビンタした」というエピソードを語る山本の赤裸々すぎるトークに「もうちょっとソフトなエピソードはないの?」「初対面の人にする話じゃないよ!」とTOKIOも仰天する。

『TOKIOカケル』

男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を刑事に扮したTOKIOが選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事に扮した山本に判定してもらう企画“完全に好きアピ警察24時”では、番組史上初となる緊急事態が発生。

具体的なシチュエーションを交えながら“クロ”だと思う行動をプレゼンテーションしていた長瀬に「長瀬さんと私だったら…と想像して、ドキドキしてしまう」と語る山本。そんな山本が長瀬にしたい“好きアピール”を選び、長瀬が判定するというまさかの展開に。果たして、山本の恋心は伝わるのか。

  1. 1
  2. 2