JO1が森川智之に声優の極意を学ぶ!『JO1スターギャザーTV』第7話11・20配信 | TV LIFE web

JO1が森川智之に声優の極意を学ぶ!『JO1スターギャザーTV』第7話11・20配信

バラエティ
2020年11月10日

グローバルボーイズグループ・JO1のレギュラー番組『JO1スターギャザーTV』第7話が、11月20日(金)夜10時からABEMA SPECIALチャンネルにて配信される。ゲストには、声優の森川智之が出演。

『JO1スターギャザーTV』は、世界の頂点を目指すJO1のメンバーが、同世代で同じく世界を目指す“ゲンセキさん”や世界を制した“スターさん”を招き、パフォーマンスやその心構えを学んでいく「ABEMA」初冠番組。

11月20日(金)の第7話では、世界に誇る日本アニメの「スターさん」として、声優の森川智之が登場する。アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役や、映画「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズの吹き替え、さらには大ヒット中の『鬼滅の刃』の産屋敷耀哉役などを務める超大御所声優だ。

今回のために招集されたのは、JO1の中でもアニメ好きのメンバーである川尻蓮、白岩瑠姫、鶴房汐恩、木全翔也、佐藤景瑚、そして映画「えんとつ町のプペル」で声優に挑戦している大平祥生の6人。

番組内では、森川がお馴染みのアニメ『クレヨンしんちゃん』のしんのすけのお父さん・野原ひろしの声で登場すると、早速6人は大興奮。森川が出演した過去作品の紹介を見た木全は「ジョジョ大好き!」と言いながら、『ジョジョの奇妙な冒険』の吉良吉影のポーズを取ってみせる。

また、洋画をよく観るという佐藤は、「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズの吹き替えも森川さんが担当していることに驚きの表情を見せていた。

その後、メンバーたちは大声を出す練習や滑舌の練習を経て「JO1イケボ選手権」と題し、耳元でメンバーが囁いているように聞こえるダミーヘッドマイクを用いて、誰が一番“イケボ”を出せるかを競い合うことに。

恥ずかしがるメンバーや、ギャグに走るメンバー、キャラになりきるメンバーなど、個性が飛び交う「JO1イケボ選手権」で1位に輝いたメンバーは誰なのか…?番組の最後には、“胸キュン”間違いなしの少女漫画アテレコにも挑戦。「おんぶとお姫様抱っこどっちがいい?」などの胸キュン台詞をJO1が真剣にアテレコする姿にも注目だ。

大平祥生は「声優の経験が一度あったので、昔と比べて少しは成長できたのではないかと思います。森川さんの目の前でやらせていただくという貴重な経験はなかなかないので、楽しかったです!」と感想を語った。森川智之のコメントは、下記を参照。

<森川智之 コメント>

JO1のみなさんは才能の塊で、ちょっとしたきっかけで開花できると思うので、この調子で声優にもチャレンジしていただきたいです。イケボも素晴らしかったです。
世界を目指すということで、声優の世界も今幅広くいろいろな世界が広がっています。これを機に声優の世界にも興味を持っていただいて、いつか共演できたら嬉しいです。スタジオで待っています!

<番組情報>

『JO1スターギャザーTV』第7話
ABEMA SPECIAL
2020年 11月20日(金)後10・00〜10・30

出演:JO1、森川智之
ナレーション:桐谷蝶々

URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/E8LS8Ap1hscbr7

©AbemaTV,Inc.