福山雅治と嵐がピック投げ対決!“謎解き”にキング佐藤健が参戦『嵐にしやがれ』11・14放送 | TV LIFE web

福山雅治と嵐がピック投げ対決!“謎解き”にキング佐藤健が参戦『嵐にしやがれ』11・14放送

バラエティ
2020年11月14日

『嵐にしやがれ』

11月14日(土)放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)は、記念館ゲストに福山雅治が登場する。

今年デビュー30周年の福山雅治の半生をひもとく「福山雅治記念館」では、トーク冒頭、櫻井翔に「印象的だったのは北京五輪の時に…」と語りだす福山。空港に着くと、スタッフから「ものすごく人だかりができているから気をつけてください」と言われた福山は「写真とか撮られてもいいように」とお手洗いでセットのお直しに。

しかし、外に出てみると「黒山の人だかり、その熱狂の嵐が(自分の方向ではないところへ)動いてるわけですよ」と告白。実は、その熱狂の真ん中に櫻井がいたそうで「もっと売れなきゃいけないって(思った)」と冗談交じりで語る。

『嵐にしやがれ』

年表で半生を振り返りながら、幼少期や中学・高校時代の写真など、貴重なカットを次々と公開。思い出の品として「母親が35年前に作ってくれたロングコート」や、「初めてアルバイトして買ったギター」などが登場する。

上京後の下積み生活では、ご飯のおかずにあるものを食べていたという食生活の話や、イベントであるものに出番を奪われたという衝撃エピソードを告白する。

そんな中、1993年に「MELODY」が大ヒットし、スターダムを駆け上がった福山。「レコード会社に○○を買ってもらった」というエピソードでは、「ある時にレコード会社のお偉いさんがライブの打ち上げに来て『次に出すMELODYっていう曲があるんで、売れたら○○を買ってもらっていいですか』って言ったら、お偉いさんが『いいね、そのぐらいの勢いじゃないとダメだよ』という感じになるわけです。ファンの皆さんの応援もあって(売れるという)目標をクリアして『○○買ってくださいね』って言いに行ったら…」と秘話を明かす。さらに2000年リリースの「桜坂」、1995年リリースの「HELLO」にまつわる裏話も披露する。

そして福山の持ち込み企画として「ギターピック投げ選手権」で嵐と対決。福山がライブで客席に向かってピックを投げるのにちなんで、誰が一番遠くまでピックを飛ばせるかを競う。

これまで16人の一流アスリートと対決してきた二宮和也の「勝ちたいシリーズ」ファイナルでは、陸上・トップスプリンターの桐生祥秀選手が登場。桐生選手の軌跡を振り返った二宮は、足が速くなる秘訣を伝授してもらう。しかし、そこでまさかの展開が…。果たして、二宮は陸上ゲームバトルで桐生選手に勝つことができるのか。

「隠れ家ARASHI」は、松本潤と松丸亮吾の“謎解きバトル”特別編。スタジオを飛び出し、バトルの舞台となる学校に到着した2人を出迎えたのは、以前番組に出演して“謎解きキング”となった佐藤健。キング佐藤健に、松本&吉村崇は勝てるのか。

番組情報

『嵐にしやがれ』
日本テレビ系
2020年11月14日(土)後9・00~9・54