JO1が『クレヨンしんちゃん』のアフレコに挑戦!『JO1スターギャザーTV』第8話 | TV LIFE web

JO1が『クレヨンしんちゃん』のアフレコに挑戦!『JO1スターギャザーTV』第8話

バラエティ
2020年11月19日

グローバルボーイズグループ・JO1のレギュラー番組『JO1スターギャザーTV』第8話が、11月27日(金)夜10時より配信される。ゲストには前回に引き続き、声優の森川智之が出演。

『JO1スターギャザーTV』は、世界の頂点を目指すJO1のメンバーが、同世代で同じく世界を目指す“ゲンセキさん”や世界を制した“スターさん”を招き、パフォーマンスやその心構えを学んでいく「ABEMA」初冠番組。

11月27日(金)放送の第8話では、世界に誇る日本アニメの“スターさん”として、声優の森川智之が登場する。アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役や、映画「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズの吹き替え、さらには大ヒット中の『鬼滅の刃』の産屋敷耀哉役などを務める超大御所声優だ。

今回は、JO1より大平祥生と白岩瑠姫が『クレヨンしんちゃん』のアフレコ現場に潜入取材。実際に収録が行われているスタジオで、森川のアフレコを外から見学した2人は「すごい…」「やばい…本物だ…」と感嘆の声をあげる。見守っているうちに「普通に楽しんじゃってます」と笑顔に。

続いて、緊張感漂うスタジオに入ると、森川から「2人がせっかく来るということで、『クレヨンしんちゃん』のアニメーションを使ってアフレコ体験をしたらどうか?と偉い人から許可をいただきました」とサプライズの提案が。これには大平と白岩も「えええええ!いいんですか?」と戸惑いながらも挑戦することになった。

スタジオ内では、実際に声優が使うマイクを使用しながら、「声がきれいに入る立ち方・姿勢」「マイクとの距離」「台本の持ち方」など、基本的な技術を森川から直接指導を受け、実際にアフレコをするシーンを見ることに。

しんのすけと父・野原ひろしの掛け合いが行われている50秒ほどのアニメーションを見終わると、大平は「これできるか…?」と不安そうな表情に…。果たして、大平と白岩はどのように「しんちゃん」を演じたのか?野原ひろしとの掛け合いにも注目だ。

番組の最後には、白岩がしんちゃんに、大平が野原ひろしを演じるという展開にも…。ここでしか見ることができない2人の貴重なアフレコ体験は、11月27日(金)夜10時から配信される。番組終了後の森川・大平・白岩のコメントは次ページを参照。

また、番組内では、JO1のメンバーが「World ASOBI Tours」のコーナーで、ドイツで生まれた新感覚スポーツ「へディス」に挑戦。卓球台を使いゴムボールをヘディングのみで打ち合うスポーツで、意外な才能を開花させたメンバーとは…?

  1. 1
  2. 2