東大医学部で司法試験一発合格の“神脳”河野玄斗が3度目の優勝に挑む!『頭脳王2021』

バラエティ
2021年02月19日

『最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王2021』

日本で一番頭のいい人を決める、年に一度の“知力の総合格闘技”『最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王2021』(日本テレビ系)が2月19日(金)に放送される。

今回で9度目を迎える「頭脳王」。今年も厳しい予選を勝ち抜いた「知のアスリート」たちが登場する。

メディアで引っ張りだこの「クイズの帝王」伊沢拓司や「謎解きのプリンス」松丸亮吾らも挑戦者として参戦してきた極限バトルで、これまで2回優勝した者はいるが、3回優勝できた勇者はまだ存在しない。

この前人未踏・3度目の優勝の偉業を狙うのが、東大医学部なのに司法試験に一発合格を果たした“神脳”河野玄斗。その前に立ちはだかるのは「東大理系の俊才」「東大知力の新鋭」「京大経済学部の首席」「京大法学部の博識王」など、し烈な予選を勝ち抜いた4人の天才たち。

そんな天才たちに出題されるのは「頭脳王」の代名詞ともいえる超異次元の難問ばかり。スタジオゲストの朝日奈央は「問題の一つ一つが面白い。(解答者の)切り替え力がすごい」と驚き、向井彗(パンサー)も「脳みそを全て使わないと勝ち抜けない。とんでもない」と舌を巻く。

「黄金で出来たピラミッドの値段」を、定規やはかりなどの計器を一切使わずに計算するという問題では、その意外すぎる答えに井上裕介(NON STYLE)が、「(解答者の)脳みそはどうなっている?!」と叫び、ぼうぜんとする。

この記事の写真

金曜ロードSHOW!
「最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王2021」
日本テレビ系
2021年2月19日(金)後9・00~10・54