川﨑麻世が番組内で“公開納車式” 新たな愛車におぎやはぎも大はしゃぎ『おぎやはぎの愛車遍歴』

バラエティ
2021年06月18日

6月19日(土)放送の『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』(BS日テレ 後9・00~9・54)は、川﨑麻世の愛車遍歴を紹介する。

大阪・枚方市育ちの川﨑が車に興味を持ったのは祖父の影響が強かった。地元のテーマパーク「枚方パーク」で、祖父が「子供自動車」というアトラクションを経営していたためで、「板金塗装も全部やってましたので、アトラクションの中に工場を作って。子供の時からずっとそれを見てた」と、懐かしそうに振り返る。

12歳の若さでテレビ番組に出演し、西城秀樹さんのものまねで人気者に。そんな時に出会ったのが、故・ジャニー喜多川さんだった。「東京に来た時に、ジャニーさんがいらっしゃって、スカウトされて。その後、すぐですね。ジャニーさんがレギュラーをどんどん持ってくるんです」。NHKの歌謡番組『レッツゴーヤング』では、デビュー前にレギュラーに抜擢され、スター街道をひた走っていく。

アイドル真っ盛りの20歳で購入したのが、初の愛車「BMW 3シリーズ」。「車は免許を取ったその日に、現金で車屋に行って(買って)、そのまま乗って帰れると思った。何も知らなくて」。子供のころから憧れていた赤のBMWだったが、あるアイドル仲間のカップルのお忍びデートのため、愛車を貸すことに。そこで、相手の女性から言われた思わぬひと言を明かす。

劇団四季の「キャッツ」など、歌って踊れるミュージカル俳優としても活躍する川﨑。「このままじゃダメだな」とアイドルを卒業し、「本来やりたかったミュージカルに本腰を入れてやってみよう」と決意した。その裏には、当時大人気だった“あの3人組”への反骨心があったという。

本場のブロードウェイ・ミュージカル「スターライトエクスプレス」にも出演したが「そこまでしないとブロードウェイの役者さんには勝てない」と、オーディションで見せた一世一代の奇抜パフォーマンスを振り返る。

川﨑といえば、恐妻家のイメージも。離婚問題でいろいろあったカイヤとのエピソードも赤裸々に語る。そして、自身6台目の愛車「ダッジ デュランゴ」には、涙なくしては語れないエピソードが。「涙出そう。本当に世話になりました」と、10年をともにし、車中泊も経験した愛車とのつらい日々も振り返る。

最後に登場する車は、川﨑の最新の愛車。しかし「実は本日、納車なんです。まだ見てないんです」と、なんとこの日、番組内で納車式を行うというサプライズ。「昨日、寝れなくて、2時間ちょっとしか寝てない」と子供のように心躍らせ、新たな相棒とやっと対面。MCのおぎやはぎも大はしゃぎでシートに座ろうとするが…。

『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』
BS日テレ
2021年6月19日(土)後9・00~9・54

この記事の写真

©BS日テレ