魚好き高校生・饗場君が“サメの卵がふ化する瞬間”の超貴重映像の撮影に成功『みんなのどうぶつ園』

バラエティ
2021年06月25日

6月26日(土)の『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系 後7・00~7・56)は、魚好き高校生・饗場空璃君が撮影に成功した超貴重映像を放送する。

埼玉県に住む饗場君の自宅リビングはまるで水族館。これまで番組の中でも、さまざまな魚の魅力を紹介し、海の生き物が大好きな番組ファミリーの桝太一アナとも大の仲良し。

そんな饗場君から相葉雅紀と桝アナの元に「知り合いの漁業関係者からナガサキトラザメの卵をもらった」という情報が。ナガサキトラザメとは、日本、韓国、中国、台湾沖に生息するサメの一種で、茶褐色とベージュ色の縞模様に黒い斑点が特徴。大人になっても全長50センチほどの小型の種類である。

そのナガサキトラザメの卵が、饗場君の自宅に3個も届いた。ふ化する瞬間の貴重映像が撮影できればと、饗場君が番組に協力を依頼。カモの引っ越しやウミガメのふ化など、さまざまな野生動物たちに密着してきた番組の“ハリコミ技術”を駆使して、“ナガサキトラザメのふ化する瞬間”を狙う。

そして、ついに饗場君の自宅でサメの赤ちゃんが誕生し、“世界初”になるかもしれない超貴重な“ナガサキトラザメふ化の瞬間”の撮影に成功。サメの卵がどんな風にふ化するのかを貴重な映像で紹介する。

番組ではほかにも「サンシャイン池崎の保護ネコ預かりボランティア」「相葉&池崎&白鳥玉季が、イチから動物園に行く!」を放送する。

『I LOVE みんなのどうぶつ園』
日本テレビ系
2021年6月26日(土)後7・00~7・56

この記事の写真