サッカー吉田麻也、BMX中村輪夢、女子バレー竹下佳江、木村沙織らが東京五輪を前に緊急参戦『炎の体育会TVSP』

バラエティ
2021年07月08日

7月10日(土)放送の『炎の体育会TVSP』(TBS系 後6・30~9・54)に、サッカー日本代表キャプテン・吉田麻也、BMX金メダル候補・中村輪夢が緊急参戦する。

今回は「東京オリンピック開幕直前なのに日の丸戦士が緊急参戦!超本気プレー3時間半SP」。東京オリンピック男子サッカー日本代表キャプテンの吉田麻也が登場し、天才キッズにハッピーサプライズする恒例企画「いきなりドリームアスリート」を敢行。日本サッカー界No.1のエンターテイナー・吉田は美術スタッフに変装し、自分の大ファンだというキッズにサプライズを仕掛ける。しかし、ターゲットのキッズとどっぷり話してしまい、バレる寸前のハプニングが起こる。

さらに、東京オリンピックBMX金メダル候補の中村輪夢が、チャレンジに成功すると最高級の食事が贈られる恒例企画「トッピングチャレンジ」に参戦。

撮影が行われた場所は、約4億円の費用をかけて作られた中村専用の練習場「WingPark1st」。おそらく中村しか成功できないであろうBMX版難関チャレンジで圧巻の神パフォーマンスを披露する。果たして中村はチャレンジに成功し、最高級の食事を口にすることができるのか。

そして、2012年のロンドンオリンピックで銅メダルに輝いた日本女子バレーボールのレジェンドたちが一夜限りの復活。竹下佳江、大友愛、木村沙織、迫田さおり、狩野舞子、江畑幸子の6人が日本女子バレー・レジェンド軍団として「トッピングチャレンジ」に挑戦する。

ロンドンオリンピックでエースとして活躍した木村は、「私たちの頑張りが東京オリンピックでの後輩たちの活躍につながってほしいので、絶対に完全パーフェクトを目指します!」と熱い思いで意気込む。

挑戦するのは3競技。その1つ、体育会TVメンバーと共同で挑む「レシーブコントロール」は、強烈なサーブを正確にレシーブし、今田耕司、上田竜也らが頭上に設置したバケツでキャッチするという競技。体育会TVメンバー全員がキャッチできればクリアとなる超難関チャレンジだ。

この競技に、フワちゃんは「これ超難しすぎる! スタッフ、シミュレーションちゃんとしたの!?」と困惑していたものの、いざ挑戦してみると神業プレー連発で、スタジオが当時銅メダルを獲得した瞬間のような歓喜に包まれる。

そのほか、ゴールキーパーがいるサッカーゴールにバレーボールのアタックを決める「ゴールを決めろ!アタックPK」や、サーブで決められた的を狙い人質を救う「人質を救え!プレッシャーサーブ」に挑戦する。

『炎の体育会TVSP』
TBS系
2021年7月10日(土)後6・30~9・54

この記事の写真

©TBS