麒麟・川島明「『ジンギス談!』はマジでパワースポット」番組にお守り制作を提案

バラエティ
2021年07月09日

7月9日(金)放送のタカアンドトシがMCを務める『ジンギス談!』(HBCほか 深0・35~1・06/北海道ローカル)に、麒麟・川島明がコメントを寄せた。

この番組は、北海道出身のタカアンドトシと有名芸人が、札幌のスタジオでトークする深夜のトークバラエティ。キー局では言えないことも北海道でなら大暴露できる、初出しのレアトークや裏話エピソードが好評を博している。

現在、朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)のMCを務める川島は、2019年12月6日放送の『ジンギス談!』にゲスト出演した際、タカアンドトシから「結成20年目を迎えた麒麟の10年後の展望」を聞かれていた。

その際、川島は「10年後は朝の帯番組をやりたい!」と夢を語り、相方の田村裕について「小物YouTuberになる」と未来を予想していたが、川島はそれから1年ほどで『ラヴィット!』のMCに就任。田村も念願のYouTuberになるなど、番組内で話した夢を次々とかなえた。

川島は「あの番組で願い事書いたらかなうんじゃないかと。相方の田村も、弱小YouTuberになれたし」とした上で、「僕にとって『ジンギス談!』は、マジでパワースポットですよ!『ジンギス談!』のお守り作った方がいいんじゃないかと思う」と語った。

川島からの予想外の提案を受け、番組では「ジンギス談!お守り」の制作を検討。お守りのイメージをタカアンドトシに披露するも、2人の反応はイマイチ。川島のひと言からスタートした「ジンギス談!御守り」は現実のものとなるのか。

7月9日の放送には、ココリコ・遠藤章造とライセンス・井本貴史がゲスト出演。ダウンタウンと長年共演している2人に、「機嫌が良いときってどんな時?」「楽屋あいさつのタイミングは?」など、浜田雅功に気に入られるポイントを聞いていく。

また芸能界の交友関係が広い2人。遠藤は憧れだという、とんねるず木梨憲武とのエピソードを語る。

さらに得意のモノマネも披露。タカもモノマネで応戦し大盛り上がりする。

そして、遠藤が有名女優を深夜にバーに飲みに誘ったが気まずい状況になったというエピソードを明かし、その真相を語る。

井本も有名バンドのメンバーとも飲み友達だという。なぜそんなに仲良くなれるのか、その秘訣をタカトシが探る。

『ジンギス談!』
HBCほか
2021年7月9日(金)深0・35~1・06

番組公式HP:http://www.hbc.co.jp/tv/jingisudan/

この記事の写真

©HBC