三四郎が5年ぶりに『白黒アンジャッシュ』に登場 トリオ時代の大事件に児嶋一哉ドン引き

バラエティ
2021年07月14日

お笑いコンビの三四郎が、7月20日、27日(火)放送の『白黒アンジャッシュ』(チバテレ 後10・00~10・30ほか)に、5年ぶりにゲスト出演する。

7月20日は、三四郎が漫才を披露。アンジャッシュ・児嶋一哉とのトークでは、早速小宮浩信が児嶋にかみつくところからスタート。

前回はあることで全く話が進まなかった三四郎だが、今回は児嶋が2人から話を引き出していく。同級生だった2人がお笑いを始めるきっかけは、文化祭で爆発的にウケたこと。その後、人力舎の養成所に入ったが数年で人力舎を辞めた2人。その間に何があったのか、当時のエピソードを語る。

7月27日は、引き続き三四郎の歴史をひもとく。人力舎を辞めた2人は別の事務所に移籍し、別の芸名でトリオで活動。しかし、ライブで大事件があり、その事務所を去ることに。その大事件に児嶋もドン引きする。

その後のトークでは、小宮の歯がなくなった際のエピソードや相田周二の有名人との交流エピソードを披露するほか、「第6.5世代」を語る。

『白黒アンジャッシュ』
チバテレ
2021年7月20日(火)後11・00~11・30
2021年7月27日(火)後10・00~10・30

この記事の写真