恐妻家・野々村真が妻と約束した“人生最後の車”を語る『おぎやはぎの愛車遍歴』

バラエティ
2021年08月13日

8月14日(土)放送の『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』(BS日テレ 後9・00~9・54)は、タレントの野々村真の愛車遍歴に迫る。

野々村の実家は青果店。車との最初の出会いは、父が仕事で使っていた小さなライトバンだった。5人家族の野々村家は、その車で江ノ島にドライブに行くことも。しかし「商売で乗ってるから、後ろに玉ねぎとか乗ってる。玉ねぎのにおいが…(笑)」と、ほろ苦い経験を明かす。この日最初に登場したのは、そんな懐かしい実家の車。久々の再会に「兄貴とかに見せてあげたい」と懐かしむ。

スーパーカー世代の野々村は、ポルシェやトヨタ2000GTに憧れた。もちろん、野々村家はそんな高級車とは無縁。「仕方ないからスーパーカー消しゴムで」と振り返った。20~21歳のときに免許を取ったが、○×で答える適性検査は「適当に○×を付けた」ところ、とんでもない事態になったという。

芸能界に本格デビューしたのは18歳の頃。『笑っていいとも!』のオープニングを飾る3人組「いいとも青年隊」だった。デビュー前は、柳葉敏郎や哀川翔らを輩出した男性グループ「一世風靡セピア」の前身の劇団に所属。メンバーと一緒に「青年隊」のオーディションを受けながら、ただ一人合格した、謙虚すぎる人柄がにじみ出るエピソードを披露する。

息の長い芸能生活で、野々村はテレビ全盛時代も経験。車選びの失敗が仕事に直結してしまった経験も。坂上忍への対抗心から買ったある車が、謙虚な野々村のイメージの変化を招く事態に。「これ乗ってたらヤバイと、3か月で手放した」という、その車とは。

私生活では、20歳の時から交際していたという俊惠さんと結婚。長女の香音さんもモデルとして活躍中で、芸能一家のパパとしての一面も持つ。そんな順風満帆な芸能生活とは対照的に、カーライフはハプニングの連続。おぎやはぎも「知らなかった」という英国の超レアなスポーツカーは、路上でとんでもないトラブルに見舞われ、大恥をかくことに。さらに、知人と交換で手にしたドイツの超高級車を売りに出したところ、その車に隠された思わぬ事実が判明。普段は毒舌のおぎやはぎも、さすがに同情する。

国産車から高級スポーツカーまで、あらゆる車と人生をともにしてきた野々村。しかし、まだ乗ったことのない車があり、いつか手にすることを俊惠さんと誓い合っているという。「お互いいい年を重ねて、初老になった時に…」と、普段見せる恐妻家な一面からは想像のつかないほほ笑ましい夢を明かす。

『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』
BS日テレ
2021年8月14日(土)後9・00~9・54

この記事の写真

 

©BS日テレ