『24時間テレビ』King & Prince岸優太が「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」第1走者に決定

バラエティ
2021年08月16日

8月21日(土)、22日(日)の『24時間テレビ44』(日本テレビ系)で、チャリティー縦軸企画「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」が行われることが決定した。

「復興への想いを繋ぐ 募金リレー」は、東日本大震災や熊本地震、さらにここ数年で日本各地で発生した数々の豪雨災害の被災地を支援するために行われるチャリティー企画。第1走者はメインパーソナリティーを務めるKing & Princeの岸優太が務め、合計10人(予定)のランナーがリレー形式で約100キロの距離を走る。

走者は、今年3月から福島県葛尾村で『ザ!鉄腕!DASH!!』の米作りに参加している岸のほかに、現役中から被災地のために活動を続けてきた五郎丸歩、荒川静香の参加が決定している。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、前年に引き続き一般公道を走るマラソンではなく、閉鎖された敷地内での実施となる。

King & Prince・岸優太 コメント

募金リレーの第1走者を私、岸優太が担当させていただきます。
メインパーソナリティーの一人として、被災地の未来のための募金活動に少しでもお役に立てればと思います。
今年もコロナ禍での放送となり、きっとさまざまなご意見があると思います。
僕たちは、今できることを精いっぱい、想いを込めてテレビの前の皆さんに届けるつもりです。

五郎丸歩 コメント

さまざまな所で懸命に頑張ってる方がいらっしゃる中で、スポーツというコンテンツを通じて、何かアクションを起こしたいという人たちが集まってバトンをつないでいる姿を見てもらい、少しでも前向きになっていただけると幸いです。

荒川静香 コメント

暑い陸で走るということは、普段スケートリンクで活動している私にとっては大きな挑戦です。
大変な状況が続いている中、皆さん各々の状況下で頑張っていると思います。常に今の自分と向き合い、できることを見いだし、一歩ずつ頑張っていくことの素晴らしさを、バトンをつないでいく姿をお見せすることで、少しでも皆様にお伝えできたらうれしいです。

『24時間テレビ44』
日本テレビ系
2021年8月21日(土)、22日(日)

この記事の写真