白濱亜嵐と関口メンディーがEXPG大阪校に突撃!『ごぶごぶ』浜田雅功と大阪巡り

バラエティ
2021年12月03日
左から)白濱亜嵐、関口メンディー、浜田雅功

ダウンタウンの浜田雅功と相方、スタッフが五分五分の立場でロケを行う『ごぶごぶ』(MBS/関西ローカル)。12月7日(火)は、前週に引き続きGENERATIONS from EXILE TRIBEでありながらEXILEのメンバーでもある白濱亜嵐と関口メンディーを相方に迎え、関西での街ぶらを送る。

後半戦となる今回も「亜嵐とメンディーが行きたい!浜ちゃんと仲良しかまぼこ板」と題し、ごぶごぶ名物企画「かまぼこ板」で “亜嵐&メンディーのことをもっと知れるスポット”を巡っていく。

『ごぶごぶ』

2枚目に引いたかまぼこ板には、浜田も「まったく想像つかん!」という謎に満ちたキーワードが。これは、あるドラマに使われて話題になった“最新型のペット”のことで、メンディーはいの一番に手に入れたのだとか。

「若い子はみんな知ってんの?」と、まだ全く見当がつかない浜田。だがお店に到着してメンディーにその商品を紹介されると、想像を超える予想外なものに思わずフフッと笑ってしまう。その使い方を完璧に知り尽くしているメンディーは、浜田に詳細をレクチャー。そんな最新型のペットを抱っこした、浜田の反応は…。

『ごぶごぶ』

続いて引いたかまぼこ板によって向かったのは、難波の超有名うどん店。亜嵐は歴史や逸話がある場所に行くのが好きで、この店の名物メニューが芸人によって生まれたというエピソードを知って来てみたかったという。本店は行列ができているため、3人はなんばグランド花月(NGK)にある別館を訪ねることに。

浜田は若手時代、好きなあるメニューの組み合わせをよく注文していたそうで、数十年ぶりにお目にかかる名物を懐かしむ。いっぽう、初めて食べる亜嵐とメンディーも、「やさしい〜」「沁みる」「歴史を感じる」とほっこり。

続いては、浜田が引いたかまぼこ板の行き先へ向かうことに。メンディー曰く、「ここなしでは僕らの人生を語れない」というその場所は、所属事務所LDHが経営するアーティストやダンサー、ボーカルなどを数多く輩出しているEXPG大阪校。亜嵐とメンディーも所属校は違うものの同学校出身であり、大阪校にもライブのリハーサルなどで何度か訪れたことがある思い出があるという。

ちょうど高等学院の生徒が授業をしているということで、3人はドッキリで突撃することに。まさかのスターの登場に、生徒たちは超パニック状態となる。

動画

番組情報

『ごぶごぶ』
MBS
2021年12月7日(火)後11・56~深1・03

この記事の写真

©MBS