ハナコが緊急出張、生物学の常識を覆す大発見も!『VSリアルガチ最強生物』

バラエティ
2021年12月14日

12月14日(火)後7・00から2時間にわたって『VSリアルガチ最強生物』(TBS系)が放送される。

「かわいい動物映像」とは一切無縁。“超危険”な生物や最強生物同士の生き残りを賭けた熾烈な争いなど、厳しい弱肉強食の世界を生き抜く生物たちの“リアルガチな生態”を描くこの番組。他の動物番組では見ることができない衝撃映像が続々登場する。

危険生物や外来種が多数目撃されているという神奈川県の鶴見川へ、お笑いトリオ・ハナコが緊急出張。超危険生物“アリゲーターガー”の捕獲作戦の様子を中継する。鶴見川には、アリゲーターガーが生息しやすい条件である「隠れ家になる草木が豊か」「カワセミなどアリゲーターガーの大好物のエサが豊富」「温かい水温」の3つがそろっており、過去には1m60cmを超える大物が捕獲されたこともあるという。食欲旺盛なアリゲーターガーがこのまま川に生息すると、生態系を壊してしまう恐れも。

そこで鶴見川を守るべく、ハナコがアリゲーターガーの捕獲作戦を実行。川には3つの仕掛けを用意。アリゲーターガーを釣り上げようと試みる菊田率いる釣り軍団も含め、計4つの作戦で捕獲に挑む。最初の仕掛けの鉄籠を引き上げると、中には様々な外来種がかかっており、思った以上に生態系が壊れていることを知り驚くハナコの3人。さらに、2つ目の仕掛けの延縄はえなわには、何かがエサを食いちぎった形跡が。しかし、アリゲーターガーはかかっていなかった。その後、釣り軍団の奮闘も虚しくアリゲーターを釣りあげることはできない。諦めかけた3人だったが、最後の仕掛けでアリゲーターガーの捕獲に成功。そしてそのアリゲーターガーの個体は、この捕獲作戦に立ち合った専門家も驚愕の大発見だった。この結末にスタジオも騒然となる。

専門家が「図鑑に載せるレベルを超えた、学会で発表するレベル!」と語った世紀の大発見とは一体。芸能界イチ様々な生物と戦ってきた男・出川哲朗が送る『VSリアルガチ最強生物』に注目だ。

番組情報

『VSリアルガチ最強生物』
TBS系
2021年12月14日(火) 後7・00~8・57

この記事の写真

©TBS