• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

出川哲朗、ラグビー日本代表から刺激「俺がやっぱりピッチに立ちます!」

『動物リアルガチ図鑑』

 10月28日(月)に出川哲朗がMCを務める『動物リアルガチ図鑑』(TBS系)が放送される。その収録の合間に、出川が囲み取材に応じた。

 2017年5月に『VSリアルガチ危険生物』としてスタートし、同年11月から『VSリアルガチ最強生物』として計9回、不定期放送された出川が司会を務める動物バラエティ番組が、『動物リアルガチ図鑑』とタイトルも新たにリニューアルし放送される。今回は、動物たちへ長時間密着取材によって得られた映像を基に、自然界を必死に生き抜く母と子をテーマに命のドラマを紹介する。

 収録を途中まで終えた出川は「やっぱりタイトルの通り、動物の世界はリアルガチだなっていうのをあらためて思いましたね」と感想を語った。

 出川が特に印象に残ったと語るのは、コスタリカで撮影された、生まれたばかりのウミガメの子供が天敵のコンドルから逃れようとするシーン。「途中で胸痛くなり過ぎて、『もうホント、勘弁してくれよ!』って感じで見てた。最後はスタジオがひとつになったVTRだった」と振り返った。

 また今回は、出川も自らカメラマンとなり、東京・奥多摩に生息すると言われているニホンカモシカの姿を撮影すべくロケへ。その感想を聞かれると、出川は「いや、もう、つらかったしかないですね。12時間くらい撮影していたので」と語った。

 また「次に挑戦するなら何の動物を撮りたいか」と尋ねられると、「次ですか? ぜひ次のロケは別の方に行ってもらいたいです(笑)」と本音をポロリ。「もう重たいんですよ!ずっと担がされて、撮る時だけでいいんじゃないかなって思った。ヘルニア持ちの僕としては本当につらいんですよ!」と訴えた。

 さらに「次に戦うとしたらどんな動物とやり合いたいか」と問われると、出川は「一通りの動物は絡んじゃったので…」と少し考えた後、「あと絡んでないのは…。あ、カバは絡んでないですよね。でも、カバは一番危ないらしいけど、いつかは乗ってみたい気もしますね」と芸人魂をのぞかせた。

 この取材が行われたのは、ラグビーW杯の日本対南アフリカ戦のハーフタイム中。記者からそのことについて話を振られると、出川は「正直、結果が気になってる」と言い、「ちなみに今どんな感じなんですか?」と逆に記者へ質問。前半終了時点で3対5と日本が僅差で食らいついていることを知らされると、「え、すげー!そんな戦いなんですか!?めっちゃ気になるなぁ~!」と。

 そして「すごいな日本代表!いや、こっちも日本代表に負けられない!」と語り、「自分はロケに行きたくないなんて、あんなクソみたいなこと言いません! 俺がやっぱりピッチに立ちます!どんな動物が来ようとも。あんな発言しちゃって、今後悔してます」と、ラグビー日本代表に感化され、うしろ向きなコメントを撤回した。

 囲み取材の最後には、出川にいきなりおもちゃのヘビが落ちてくるというドッキリも。このドッキリは、TBS公式YouTubeで公開されている。

『動物リアルガチ図鑑』
TBS系
10月28日(月)後7・00~9・00

<出演者>
MC:出川哲朗
サブMC:澤部佑
アシスタント:江藤愛TBSアナウンサー
ゲスト:黒沢かずこ(森三中)、高橋ユウ、中間淳太(ジャニーズWEST)、濱口優(よゐこ)、矢田亜希子(50音順)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える