『有ジェネSeason3』ジェラードン、TOKYO COOL、ネルソンズ、ヒコロヒーがまだ劇場に眠っている芸人を全力プレゼン

バラエティ
2021年12月13日

動画配信サービス「Paravi」で独占配信中の『有田ジェネレーション Season3』。12月20日(月)後7・00からは、「第2回有ジェネファミリーおすすめ芸人」の配信がスタートする。

TBSで今年3月まで毎週月曜深夜に放送されていた『有田ジェネレーション』は、MC・有田哲平(くりぃむしちゅー)と進行・小峠英二(バイきんぐ)が番組からのスター誕生を目指すバラエティ番組。地上波での放送終了後はParaviに引っ越して、月に一度数話ずつ配信している。

「Season3」ラストを飾る企画として、12月20日(月)より「第2回有ジェネファミリーおすすめ芸人」の配信がスタート。「Season2」で好評だった企画だが、今回は有ジェネレギュラーメンバーのジェラードン・TOKYO COOL・ネルソンズ・ヒコロヒーがまだ劇場で眠る芸人を有田と小峠に紹介する。おすすめ芸人は、ネタと特技PPR(ポテンシャルPR)を披露し、それぞれの個性を光らせる。

ジェラードンが紹介するのは、ポップでキャッチ―なネタを披露したザ・プレジデントと驚く特技を持つサンジェルマン。

TOKYO COOLが紹介するのは、スターな一発パフォーマンスを披露するスター旭。さらに大嶋の一番弟子はPPRとして「有田・小峠が好きそうなコント」を披露。有田・小峠はどんな反応なのか。

ネルソンズは、前回も紹介したカゲヤマを再度プレゼンし、リベンジを図る。和田は前回のミスを挽回できるのか。さらにもう一組、お笑いトリオ・かたつむりは1人ずつPPRを披露。一本締めが特技だというかたつむり・中澤はスタジオで渾身の一本締めを披露する。

そして、開始早々「“有ジェネ出身”ということでいいの?」と疑問が飛び交うヒコロヒーが紹介するのは、お笑いコンビ・パンプキンポテトフライ。とにかくクズと言われるパンプキンポテトフライ・谷から、「どうやったら元の人間に戻れるか」と相談を受ける有田と小峠。

果たして有田・小峠にハマる芸人とは。

有田哲平&小峠英二インタビュー

――前回のSeason2に引き続き「有ジェネファミリーおすすめ芸人」、いかがでしたか?

有田:「おすすめ芸人」は面白かったですね。やっぱりこのご時世ですので、昔みたいに何組も次々に見るみたいなことができないので、実際劇場に面白い芸人がまだ眠ってるっていう。本当に我々もなかなかお会いできない若手、しかも面白い。芸人が芸人をおすすめするって、本当に面白いのでおすすめです。

小峠:初登場の方もいましたし。PPR(ポテンシャルPR)もよかったですね、ネタ以外のところですけど、そこも面白かったですね。

有田:間違いないですね。ちゃんと構えて見てもらいたい。

番組情報

「有田ジェネレーション Season3」
2021年12月20日(月)後7・00 #8~#11配信開始

この記事の写真

©TBS